デザイナー 山口 聡子(やまぐち さとこ)手掛ける「Karen Noblesse Oblige(カレン ノーブレス オブリージュ)」が、デビューコレクションを発表した。2011-12年秋冬シーズンのテーマは"LA MARIEE ETAIT EN NOIR -黒衣の花嫁-"。

 「BCBG(bon chic bon genre)の精神で」をブランドコンセプトに約半世紀前のパリ、モード黄金期のクチュールに焦点を充てたコレクションを提案。今シーズンはフランスのヌーベルバーグを代表する監督の一人フランソワ・トリュフォーによるサスペンス映画からインスパイアされたコレクションになっており、女優ジャンヌ・モローの気品に満ちた女性像を現代的なデザインで表現している。ブラックとホワイトをキーカラーに、フラワーコサージュ、シフォン、タフタ(※薄琥珀=うすこはく)などを採用。1968年当時のピエール・カルダンの代表作「バブルドレス」を彷彿とさせるシルエットを取り入れたルックも展開している。

2011.06.14 (14:00)