20,000,000 fragments

トゥエンティミリオン フラグメンツについて

ブランドについて

 ガスアズインターフェイスがプロデュースするレディースブランド。デザイナー秋山珠美が手掛け、2006-07年秋冬シーズンにデビューした。

 ブランドコンセプトは、"2千万個の断片"。

 人の一生で出来る事、出会う人、考える事、また着る服の数は数えられないほど。

 たくさんだけれども、限りあるものをひとつひとつ大事にしていく事。

 ひとつの事や物を断片という表現に置き換え、それらが集まる事によって新しいクリエイションが生まれるといったメッセージが込められている。

トゥエンティミリオン フラグメンツのデザイナーについて

 秋山 珠美(Tamami Akiyama)

1974年、東京生まれ。

 10年間「コムデギャルソン」でパタンナーを経験。

2006-07年秋冬シーズンより「20,000,000 fragments」をスタート。

 メンズテーラーを基本に置いたパターンと、チェーンやリボンなどを織り込んだインパクトのあるオリジナルツイードを使い、エレガントでエッジのある服作りをしている。

トゥエンティミリオン フラグメンツのブランドヒストリー

2006-07年秋冬シーズン、デザイナー秋山珠美によりブランドがスタート。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。