A/T

エーティーについて

ブランドについて

日本のアパレルブランド。クロスプラス株式会社が運営。

  時代が求める価値観を正しく意識しながら、新しいものづくりを提案していくブランド。服そのものが自己主張するのではなく、身につける人の個性を新鮮に表現するウエアを展開している。自由に着こなし、気軽に着こなす、機能性を重視した実感性のあるデザインで、着る側の満足を形にしている。その独創的で感性豊かなデザインで、幅広い年代の女性を魅了し続けている。

エーティーのデザイナーについて

田山淳朗(Atsuro TAYAMA)

1955年、熊本県に生まれる。1975年、文化服装学院を卒業。1975年、第44回ハイファッション・ピエール・カルダン賞を受賞。1975年、株式会社「ワイズ(Y's)」に入社。1978年、渡仏し「yohji Europe s.a.r.l」を設立。1982年、株式会社「ワイズ(Y's)」を退社後、「エム・ティーカンパニー」を設立し、レディース・ブランドの「A.T.」を発表。ブランド名の由来は、当時流行った映画「E.T.」から。1986年、第10回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞。1989年、「A.T. FRANCE S.a.」を設立。1990年から1995年まで「キャシャレル」のレディースのチーフデザイナーを務める。1991年、「ATSURO TAYAMA」でパリ コレクションに参加。国内では、1992年から2004年まで「オゾック(OSOC)」、1995年から「インディヴィ(INDIVI)」、1996年から「ボイコット(BOYCOTT)」、他「ヴォイスメール(VOICEMAIL)」等のデザインを株式会社「ワールド」にて手がけた。

エーティーのブランドヒストリー

1982年 ブランドスタート。
1989年 「A.T. FRANCE S.a.」を設立。
1991年 「ATSURO TAYAMA」でパリ コレクションに参加。
1996年 「A/T」のデザイナーに板倉慶二が就任。
2002年10月 板倉慶二が株式会社エーティー退社。
2005年3月 クロスプラス株式会社が株式会社エーティーを子会社化。

最終更新: 2009.09.08