AGATHA PARIS

アガタパリについて

ブランドについて

1974年にパリの6区で誕生した世界中の女性に愛され続けているアクセサリー・ブランド。
Michel Quiniou(ミシェル・キニュー)によって設立。
ブランド名の由来は、「素敵なジュエリーショップをイメージ出来る名前をつけたい」というミシェルの願いから、女性の名前であり、天然石Agate(メノウ)からインスピレーションを得て、Agathaと名付けた。
「チープなアクセサリーをシックに変身させること」というブランドコンセプトのもとに、ブランドシンボルであるスコティッシュテリアを象ったキュートなもの、カジュアルなものからシックで洗練されたもの、ゴージャスなものまで、そのときどきの流行を取り入れつつも決して上品さを失わないデザイン。もともと高級ブランドと巷にあふれる小売業者チェーンとの間を埋めるためにスタートしたこともあり、高級感があるのに価格が控えめなところも魅力の一つとなっている。多種多様にそろったアクセサリーの中から、好きなものだけを選び、顧客個人の自主性を尊重しつつ、コーディネートの提案をするのが「AGATHA PARIS」の変わらないスタイルである。

直営店は内観・外観とも全てパリ本店と同様のデザインがほどこされており、現在世界各国に約200店舗を展開している。また、毎年6回発表される新作のコレクションや、斬新なディスプレイのショーウィンドウも全世界同時に行われ、徹底したブランド独自の販売展開をしている。

アガタパリのブランドヒストリー

1974年 アクセサリー・ブランド『AGATHA PARIS』スタート。
1989年 ショップカラーを現在のアガタブルー、濃紺に定める。また、ミシェルの愛犬”レオン”をモチーフにしたスコティッシュテリアをイメージキャラクターとする。
1990年 何百もある石やチャームから自分の好きなものを選んでつくる、カスタムメイドアクセサリーをスタート。
2006年 創立者ミシェル・キニューが退き、King Power Groupに権利を譲る。CEOにLaurent Nebotが就任。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。