agnès b.

アニエスベーについて

ブランドについて

 フランスのファッションブランド。1975年、Agnes Trouble(アニエス・トゥルブレ)がフランス・パリにブティックをオープン。メンズ・レディース・キッズ・マタニティー向けのウェアや雑貨を展開する。

 シンプルななかに洗練された美しさがあるフレンチカジュアルの定番ブランド。白と黒のモノトーン色を基本とし、トレンドを意識せず、着心地を最優先に考えられた服作りを貫く。

 フランス国内の他、世界中で支持され、今日では世界に支社を持つインターナショナルなグループとして、ブランド展開の他、アートギャラリーや映画制作会社等も運営する。

アニエスベーのデザイナーについて

 Agnes Trouble(アニエス・トゥルブレ)

1942年、パリ郊外ヴェルサイユに生まれる。美術館のキュレーターになるため、ヴェルサイユ美術学校に進学。

 その後、最初の夫クリスチャン・ブルゴワと17歳で結婚。双子の男の子を出産し、その後離婚。

1961年、ファッション誌ELLE(エル)のジュニアモード担当編集者となる。

 その後、スタイリストとして「ドロテビス」で2年間働き、フリーのデザイナーとして「ピエール・ダルビー」で働く。

1975年、パリ1区のレ・アールにブティック「agnès b.(アニエス・ベー)」1号店をオープン。

 ボランティアなども積極的に行い、サラエボ支援、阪神大震災復旧に向けてオリジナル・シャツを製作・販売し、その収益を支援金に当てるなどのチャリティーも行っている。

アニエスベーのブランドヒストリー

1975年、Agnes Trouble(アニエス・トゥルブレ)がパリ1区のレ・アールにブティック1号店をオープン。

1979年、カーディガン・プレッション(ドットボタン付きの綿メルトンのカーディガン)が爆発的なヒット。

1980年、アメリカへ進出。ニューヨーク店をオープン。

1981年、1号店の向かいにメンズ、キッズウエアのショップをオープン。

1983年、オランダ・アムステ ルダムにショップをオープン。

1984年、日本の1号店、パリにロリータ店をオープン。

 その後、イギリス、オーストラリア、スイス、香港にも店を展開。

1984年、パリ・ジュール通りに「ギャラリー・デュ・ジュール」をオープン(現在は、カンカンポア通りに移転)。若手アーティストたちの支援を積極的に行なう。

 その後、ホノルル、シンガポール、レバノン、ベイルートなど、世界中に拠点を持ちインターナショナルに展開する。

アニエスベーが展開するライン

agnès b. FEMME(アニエスベー ファム) レディースラインagnès b. HOMME(アニエスベー オム) メンズラインagnès b. ENFANT(アニエスベー アンファン) キッズラインagnès b. POUR ATTENDRE!(アニエスベー プールアタンドル!) マタニティーラインagnès b. VOYAGE(アニエスベー ボヤージュ) バッグライン

最終更新: 2013.04.20