Alberto Guardiani

アルベルトガルディアーニについて

ブランドについて

世界中のエレガントなショッピングゾーンへと進出している、今注目のイタリアシューズブランド。
同ブランドの前身である「チェンタウロ社」は1940年代にルイージ・ガルディアーニとディノ・ガルディアー二の二人により設立。その後、ディノの息子であるアルベルト・ガルディアーニに引き継ぎ、以来イタリアを代表するシューズブランドに成長した。
活動的で洗練された男性を対象にしており、DOLCE&GABBANAのシューズラインも手掛けている。
どんな技術の進歩も、人間の手のすばらしさにはかなわない、という信念を持ち、最終的な仕上げは、必ず人の手を経るというこだわりを貫き、イタリアの職人気質が光る製品に定評がある。


最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。