ALEXANDER WANG

アレキサンダー・ワンについて

ブランドについて

 アメリカ・ニューヨーク発のブランド。デザイナー Alexander Wang(アレキサンダー・ワン)により2004年デビュー。

 "着飾ることで誰もがグラマラスになることはできます。ただ、わたしがもっと興味をそそられるのは日常で人々が着る服なのです。"とデザイナー Alexander Wangは語る。コレクションを形づくるのは、日常の中にふとした瞬間浮かび上がる人々の真の姿。それは、クリーンでいてクラシカル。上質さと都会の感覚を持ち合わせた挑発的な魅力。「 Alexander Wang」を身にまとう女性の姿はあくま でも自然でポーズをとるようなことではない。言うならば、人ごみの中に紛れた黒い羊のよう、つねに人を インスパイアし、どこかミステリアスな女性。 Alexander Wangのクリエイションは人の個性を支えるものであり、従来のユニフォームという概念を崩すものである。それは、T シャツとジーンズというスタイルでもイヴニングガウンと同様にセクシーでいられるということである。彼の洋服は着る人にとって必須のものとなり、その人自身となる。また、 Alexander Wangはストリートと上質、セクシーさとアンドロジナス、 バガボンド(浮浪者)とスマートなモダニストといったように対照するコントラストを愛し、コレクションで表現 している。

アレキサンダー・ワンのデザイナーについて

Alexander Wang(アレキサンダー・ワン)

1984年、アメリカ・サンフランシスコ生まれの中国系アメリカ人 。

 18歳の時にデザインを本格的に学ぶためにニューヨークに移り、パーソンズデザインスクールへ入学。在学中にMarc Jacobs(マーク・ジェイコブス)、Derek Lam(デレク・ラム)に師事、そしてTeen Vogue(ティーンヴォーグ)でインターンを経験。

2005年秋冬シーズン、2年生の時にニットを中心と した自身のレーベル「 Alexander Wang」のファーストコレクションをデザイン。ニューヨークのBARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)がデビュー作を買い付け、世界中のバイヤーから注目を浴びる。

2007年春夏シーズン、ニューヨークコレクションにデビュー。全世界で200店舗にも及ぶストアにて展開される。

2008年11月、第5回「CFDA/Vogue Fashion Fund Award」のグランプリを受賞。

2009年春夏、「T by Alexander Wang(ティー・バイ・アレキサンダー・ワン)」及びシューズラインをスタート。

2009年7月、「Gap(ギャップ)」の"GAP DESIGN EDITIONS(ギャップ デザイン エディションズ)"にて限定アイテムを発表。

2009年7月、メーキャップブランド資生堂「マキアージュ」とコラボレートし、一部数量限定で発売。

2010年春夏、「T by Alexander Wang」にて初のメンズコレクションをスタート。

2010年8月、ブランド初の試みであるこのフィルムをウェブサイトで公開。

2011年2月、米ライフスタイル誌「GQ」が選ぶ「Best New Menswear Designer in America」を受賞。

2011年3月、「2011 CFDA ファッション アワード」で3部門受賞。

2011年9月、米Starbucks(スターバックス)とコラボレートし、Tシャツを販売。

2012年3月、ライフスタイルコレクション「OBJECT collection」を発表。

2012年6月、スーパーモデルShalom Harlow(シャローム・ハーロウ)のショートムービー「Confessional Series(告白)」を公開。

2012年12月、PPRが「BALENCIAGA(バレンシアガ)」の新クリエイティブ・ディレクターに起用を発表。

2013年2月、サムスン電子と協業し、限定のコラボレーションバッグを制作。

2013年3月、「2013 CFDA ファッション アワード」のウィメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーとアクセサリー・デザイナー・オブ・ザ・イヤーのダブル受賞。

アレキサンダー・ワンのブランドヒストリー

2004年、 Alexander Wangが自身のブランドを創立。

 カシミアを使ったベーシックなニットラインでのファーストコレクションをニューヨークのBARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)が買い付け、世界中のバイヤーから注目を浴びる。

2007年秋冬、ニューヨークコレクションにデビュー。

2009年春夏、「T by Alexander Wang(ティー・バイ・アレキサンダー・ワン)」及びシューズラインをスタート。

2009年7月、「Gap(ギャップ)」の"GAP DESIGN EDITIONS(ギャップ デザイン エディションズ)"にて限定アイテムを発表。

2009年7月、メーキャップブランド資生堂「マキアージュ」とコラボレートし、一部数量限定で発売。

2010年春夏、「T by Alexander Wang」にて初のメンズコレクションをスタート。

2010年8月、ブランド初の試みであるこのフィルムをウェブサイトで公開。

2010年11月、アメリカ・ニューヨークへ初のオンリーショップの出店。

2011年9月、米Starbucks(スターバックス)とコラボレートし、Tシャツを販売。

2012年2月、日本初の直営店を伊勢丹新宿店の4階にオープン。

2012年3月、東京・銀座6丁目の「ドーバーストリートマーケット ギンザ・コムデギャルソン」内に国内2号店をオープン。

2012年3月、ライフスタイルコレクション「OBJECT collection」を発表。

2012年6月、スーパーモデルShalom Harlow(シャローム・ハーロウ)のショートムービー「Confessional Series(告白)」を公開。

2012年10月、伊勢丹新宿店1階のザ・ステージで初のポップアップストアを開催。

2013年2月、サムスン電子と協業し、限定のコラボレーションバッグを制作。

アレキサンダー・ワンが展開するライン

T by Alexander Wang(ティー・バイ・アレキサンダー・ワン)

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。