Annick Goutal

アニックグタールについて

ブランドについて

1980年パリのベルシャス通りに女性調香師Annick Goutal(アニック・グタール)が創設した香水ブランド。
気品高い自然のエッセンスで作られるこだわりの香りのフレグランスメゾン。過去の調香師たちによって考案された純粋な伝統製法に基づいている香りは、アニック自身の人生の一瞬一瞬の出来事から生まれており、流行やファッションに流されない、自然や過去の感情を呼び覚ますような洗練された風合いが特徴である。また、ブランドの気品ある香りを象徴するバカラ製のボトルも魅力の一つとなっている。
華美であることよりも本物であることにこだわり、大量生産ではなく職人技によって作られたものを提供する。
早すぎるアニックの亡き後は、娘のカミーユ・グタールが意志を引き継ぎ、調香師Isabelle Doyen(イザベル・ドーエン)とフレッシュな新しいアニック グタールの世界を築き、こだわりの香り作りが続けられている。

アニックグタールのブランドヒストリー

1980年 女性調香師Annick Goutal(アニック・グタール)によって創設。
1999年 Annick Goutal(アニック・グタール)他界。以降は愛娘が意志を引き継ぐ。
      現在はStarwood Capital(Star Gt Acquisition)社に買収されて傘下となっ
      た。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。