A.P.C.

アー・ペー・セーについて

ブランドについて

【ブランド名】:アーペーセー(A.P.C.)

【イントロダクション】

1987年にフランスで創立されたブランド。ブランド名「A.P.C.」の由来は「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」。ワーク、ミリタリー、スポーツなどの要素を含み、カジュアルかつ洗練されたファションを提供している。 

【国】:フランス
【設立者】:ジャン・トゥイトゥ(Jean Toutou)
【設立年】:1987年
【現デザイナー】:ジャン・トゥイトゥ(Jean Toutou)

【歴史】
1987年にフランスで創立されたブランド。ブランド名「A.P.C.」の由来は「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」だが、創立当初は「服自体の良さを全面に出したい」とブランド名がなかった。あえて非エリート主義をつらぬき、階級を超えたメンズ、レディスの洋服と雑貨のコレクションをそろえているという機能的なファッションがベースでありながら、ストリートを意識した、どこか反骨精神のある仕上がりが特徴。天然繊維をよく使用する。ブランドの名前にあるように、それはある種、脱個性的で、着る人を選ばないが、それが逆に着る人の個性を最大限引き出す。ベーシックカラーを基調に、デニム、チノ、フラノなどの天然素材を多く使用。ワーク、ミリタリー、スポーツなどの要素を含み、カジュアルかつ洗練されたファションを提供している。 現在はメンズ・レディースウェアの他、バッグや小物、CD、セレクトした雑貨など、幅広く取り扱いを広げる。

1987年、メンズブランドとして「アーペーセー(A.P.C.)」創立。
1988年、レディースウェアラインをスタート。
1991年、東京・代官山にショップをオープン。
1992年、JUNグループと合弁でイーストバイウエストを設立。
1994 S/S より、カタログ通信販売「V.P.C.」を開始。
2003年、ジェシカ オグデンとのコラボレーションを行う。
2008年7月31日、東京・神宮前にアーペーセー北青山店をオープン。
2009年4月15日、フレンチ・バンドとコラボ、Tシャツ発売。5月28日、代官山UNITにてイベントも開催。3月21日、先行発売老舗レインウェアブランド「K-WAY(カーウェイ)」とコラボレートし、レディスブルゾンを伊勢丹新宿店で先行発売。
2010年、ウェス・アンダーソン監督映画「ファンタスティック ミスターフォ ックス」とパートナーシップを結ぶ。
2010年4月1日、1962年10月29日設立の株式会社ルック(LOOK Inc.)がA.P.C.Japan株式会社の全株式を取得し、アー・ペー・セーの国内事業をスタート。
2010年9月1日、大阪・イーマに複合型ショップを出店。総売場面積は約135平方メートル。
2011年3月5日、東京・吉祥寺にショップをオープン。
2012年2月、アメリカ・ニューヨークにショップをオープン。
2012年9月より、A.P.C.のデニムコレクションを紹介するとともに、ジャン・トゥイトゥ自らがハンドメイドで製作した特別な「バトラージーンズ(Butler Jeans)」を展示するイベントを開催。プレスリリースの名前は「A.P.C DENIM FOCUS」。
2012年10月12日から10月30日まで、DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARCONS(ドーバーストリート マーケット ギンザ コムデギャルソン)にスペシャルスペースをオープン。「Carhartt(カーハート)」とコラボレートしたアイテムも先行販売。
2012年12月、パリにショップをオープン。
2013年9月3日、ウィメンズショップを松屋銀座にオープン。9月19日、「EASTPAK(イーストパック)」とコラボ、ゴルフバッグなど発売。
2014年7月17日から、ヒップホップアーティストであるカニエ・ウェスト(Kanye WEST)とコラボレートしたカプセルコレクション「アー・ペー・セー カニエ (A.P.C. KANYE)」の第2弾を展開。様々なアイテムをほぼフルラインで展開。
2014年2月子供服ブランド「Bonton(ボントン)」とコラボ、新ブランド「A.P.C Bonton」を立ち上げる。

【定番】
A.P.Cといえば、デニムという人も多く現在展開されているのは、
「ニュースタンダード」
A.P.C.デニムの定番アイテム。裾には軽いテーパードが施されており、ストレートレッグのスタイルを実現させる。もともと同ブランドはスリムな作りなため、定番アイテムではあるが、細みのシルエット。ミドルウエスト。
「プチスタンダード」
ニュースタンダードと同じく裾に軽いテーパードが施されているが、ニュースタンダードに比べて、より細みのストレートレッグでローウエスト。スリムラインの新定番。
「プチニュースタンダード」
ミドルウエストでウエストや腰回り、お尻まわりにゆとりをもたせつつ、裾に向かってテーパードを施し、全体的に細身のシルエット。
「ニューキュア」
ローウエスト、テーパードレッグで最も細身のデザイン。

デニムの洗い方を分類しているのも特徴でA.P.C.公式サイトには下記のように分類されている。
「過激主義」
出来るかぎりジーンズを洗わずに履き続け、初回洗いはドライクリーニングで、2回目以降の洗いは、WOOLITE NOIR(濃色製品用洗剤)を少量混ぜた水にジーンズを1時間程浸けておき、すすぎ、バスタオルで包んで干す。
「セミ過激主義」
WOOLITE NOIR(濃色製品用洗剤)を混ぜた水にジーンズを1時間程浸けておき、こすらずにすすぎと脱水をし、干す。
「洗濯機」
WOOLITE NOIR(濃色製品用洗剤)を使い、メニュー:常温水、デリケート洗い、脱水無し。
「海水」
出来るかぎりジーンズを洗わずに履き続け、ジーンズを履いたまま海に入る。乾いた砂でこする。これを何度か繰り返す。水ですすぎ、太陽にあてて乾かす。

【人気】
デニム以外で人気なのは、シャツやニット類など。フレンチテイストをどことなく感じさせるベーシックウェアながら、シルエットがモダンなためA.P.C。のデニムなどと相性が良い。また、長年リリースし続けているキャンドルも人気で贈り物などに選ばれている。

【ハウトゥー】
・デニムを買ったらまず初めにやること
・デニムの正しい洗い方まとめ
・A.P.C.を買うなら代官山に行くべき

ブランドカテゴリ:メンズファッション、ウィメンズファッション、インテリア、コスメ
関連ブランド:SOPH.NET
本社所在地:フランス
関連する会社:株式会社ルック
URL:http://www.apcjp.com/jpn/

取り扱い店舗:A.P.C. FEMME、A.P.C. HOMME、A.P.C. AOYAMA、A.P.C. HARAJUKU UNDERGROUND、A.P.C. KICHIJOJI、 A.P.C. SURPLUS、SHINJUKU TAKASHIMAYA、SHINJUKU ISETAN (FEMME)、SHINJUKU ISETAN MEN'S (HOMME)、HANKYU MEN'S TOKYO (HOMME)、MATSUYA GINZA、DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS (HOMME)

取り扱っているかも店舗:TOMORROWLAND、ロンハーマン

関連ブランド「ケンゾー(KENZO)」、「アニエスベー(agnès b.)」、「イリエ(IRIE)」、「ジョセフ(JOSEPH)」

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。