ARNOLD&son

アーノルドアンドサンについて

ブランドについて

1987年にイギリスでスタート。発明の天才と呼ばれたイギリス生まれジョン・アーノルドは、1764年に国王ジョージ3世にその才能を認められ、宮廷時計師を依頼されるが、自分の工房での創作と開発を続けることにした。その後、1787年に息子と共に設立したブランドである。
今日の機械式時計に通ずる、数多くの偉大なる発明を成し遂げおり、特に盟友のブレゲに贈られたスプリング・デタント脱進機は、その後、ブレゲのフランスの工房で、史上初のトゥールビヨン脱進機の開発に一役買ったことでも有名だ。
時計の発展を支え続けたが、時代の流れにより会社は休眠状態に追い込まれた。しかし、イギリス時計界の発展に寄与した時計師に敬意を表し、1995年ザ・ブリティッシュ・マスターズ社がブランドを復活させた。海や航海に関係のある機能を備えたモデルが多く、精度にもこだわり殆どがクロノメータームーヴメントを使用している。
17世紀イギリスの名門ブランドであったアーノルド&サンだが、現在はスイスの技術でその製品は作られている。当時の航海技術を彷彿とさせるナビゲーション機能や、複雑機能を満載した機械式時計で、通の時計ファンをも唸らせる佳作を発表している。

アーノルドアンドサンのデザイナーについて

ジョン アーノルド(John Arnold)
18世紀のイギリスに数多く集まった優秀な時計師の一人ジョン・アーノルド。飛び抜けた才能により、王国の目を惹いたが、宮廷付の時計師になるという栄誉より、工房での創作と開発に励んだ。スプリング・デタント脱進機、バイメタル・ゼンマイ、らせん状の髭ゼンマイの発明、また世界初のポケットマリンクロノメーターNo.36の製作もしている。さらに精密時計を工業的規模で生産することにも成功し、これらの功績により経度学会から金賞を授与された。
この金賞により、息子と共同でアーノルド&サンを設立し、さらに時計製造を続けた。
著名な英国の時計製作はヨーロッパ中を席巻するに至った。

アーノルドアンドサンのブランドヒストリー

1764年 ジョン・アーノルドが、国王の目を惹いた時から始まるが、アーノルドは
      工房で経度測定器を創作する道を選ぶ。
      ロンドンで時計技師として知られるようになる。
1767年 スプリング・デタント脱進機、バイメタルゼンマイ、らせん状ひげゼンマ
      イなど多くを発明する。
      懐中クロノメーターNo.36を製作する。
1771年 精密時計におけるさまざまな功績により経度学会から賞金を授与される。
1787年 息子と共に会社「アーノルド&サン」を設立する。
      アーノルドの製作した時計にブレゲが改良を施した時計は、現在でも大英
      博物館に展示されている。
1995年 英国のザ・ブリテッシュ・マスターズを率いるエリック・ロト氏によって
      現在のブランド「アーノルド&サン」が興される。
      精度の追求に比類なきこだわりをみせたアーノルド氏の志を、現代の時計
      に受け継いでいる。現在の拠点はスイス。
1996年 バーゼルフェアで、グラハムと共に最初のコレクションを発表。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。