Aston Martin

アストンマーチンについて

ブランドについて

1913年創業のイギリスの乗用車メーカーであり、社名としては「アストンマーチン・ラゴンダ」が正式である。
ブランド名称は、英国バッキンガムシャーの村、アストン・クリントン(Aston Clinton)と創業者のひとりライオネル・マーティン(Lionel Martin)に由来する。
第二次世界大戦後に経営難に陥り、その後経営権は多くの実業家のもとを転々とするが、1987年フォードの傘下に収まる。

熟練職人の手によって設計・製造される、最高級で洗練された高性能スポーツカーブランドである。職人の魂が込められている車は、走る自由と喜びをもたらしてくれる。また、伝統的でありながら、同時に最先端技術も駆使しており、今後も輝き続けるブランドである。

アストンマーチンのブランドヒストリー

1913年 バンフォード&マーチン社がロンドンで設立。
1914年 アストンヒルクライムの成功にちなんで、アストンマーチンという名前が
      誕生。
1925年 財産管理状態となり会社を閉鎖。
1926年 アストンマーチンモーターズ社がフェルサムで誕生。
1970年代 経営破綻し、経営権が永らく多くの実業家の間を転々とする。
1987年 フォードモーター傘下に入る。
1991年 ヴィクター・ガントレットが社長辞任。ウォルター・ヘイズが就任。
2007年 フォードモーターはデイビッド・リチャーズ率いる投資事業組合に売却
      し、デイビッド・リチャーズが非常勤会長に就任。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。