AVON CELLI

アヴォン チェリについて

ブランドについて

1922年にパスクァレ チェリ(Pasquale Celli)によってミラノで創業した高級ニットブランド。

上質を知る大人の男達に愛され続ける高級メゾン。シルクで編み上げた贅沢な3つボタンのポロシャツを発表するなど、これまでになかったラグジュアリーなニットを多く手掛けてきた。人気の秘密は最高品質の素材を継続して使用してきたこと、そしてその着心地の良さである。厳選された素材やニッティング技術など、常にハイクオリティなアヴォンチェリだが、デザインも洗練されたエレガンスさを漂わせている。
高級素材の確保・開発力で軍を抜き、世界最軽量といわれる36ゲージを実現させており、製造はミラノ近郊にあるハイゲージ専門の工場で行われている。新素材の研究開発やこだわりのイタリア生産などの事業で活躍したFBPのグループに加わった事もあり、最高級のカシミヤ原毛やオーガニックコットンなどの原材料の調達も可能になったこともあって今後も要チェックのニットブランドである。長きに渡ってクラシコイタリア協会に加盟し続け、ニット産業界のリーダーとして君臨している。

アヴォン チェリのデザイナーについて

ARGIRO (アーギロ)
クルチアーニやレコパン、クチネリを渡り歩いた伝説の人物で、高級ニットに関してはプロ中のプロである。現在のアヴォンチェリが目指すのは、伝統的な技術を継続しながらも都会的な新しい感性を取り入れた製品作りである。

アヴォン チェリのブランドヒストリー

1922年 パスクァレ チェリ(Pasquale Celli)によってミラノで「AVON CELLI」創業。
1957年 アメリカにも輸出され、ハリウッドやサンフランシスコ、ニューヨークの高級店でのみ販売された。

顧客には往年のハリウッドスターであるゲーリー・クーパーやクラーク・ゲーブル、ケイリー・グラント。
その他アーネスト・ヘミングウェイやピカソといった著名人も名を連ねている。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。