Brooks Brothers

ブルックスブラザーズについて

ブランドについて

 アメリカの老舗ファッションブランド。1818年にニューヨークでHenry S Brooks(ヘンリー・サンズ・ブルックス)が紳士衣料品店「HSブルックス商会」として創業したのが始まり。

 アイビールックの伝説的ブランドで、アメリカントラディショナルスタイルの代表格と位置づけられている。創業者の孫のジョン・ブルックスがポロ選手のシャツから着想したポロカラーシャツ(ボタンダウンシャツ)や、Ⅰ型スーツをはじめて世に出したことでも有名。他にも、コットンスーツ、ラウンドカラーシャツ、アーガイル柄の靴下など、様々なトラッドアイテムを誕生させ、現在も世界中のビジネスパーソンに支持されている。

 創業者のスピリット「最高の品質の商品だけを作り、取り扱うこと。適正な利益のみを含んだ価格で販売し、 こうした価値を商品に求め、その価値を理解できる顧客と取引きすること」を今も受け継ぐ。

 2007年、ブランドの最高級ラインとして「BLACK FLEECE(ブラック・フリース)」設立。第一弾のゲスト・デザイナーとしてThom Browne(トム・ブラウン)を迎える。

ブルックスブラザーズのブランドヒストリー

1818年、Henry S Brooks(ヘンリー・サンズ・ブルックス)がニューヨークの港近くに、英国から買ってくる服と英国製服地での仕立服を手がける紳士衣料品店「HSブルックス商会」として創業。

 短期間で町の人々の信頼を得て成功する。やがて4人の息子たちに受け継がれ、自由な精神を持つアメリカ人に合った新しいスタイルの服の製作に取り組んでいく。

1850年、「Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)」に改名。

1903年、法人化(株式会社)し、市場の拡大に合わせ更に発展。

1979年、ダイドーリミテッド(当時は大同毛織)との合弁で、日本法人「ブルックスブラザーズジャパン」設立。

 同年、旗艦店となる青山本店がオープン。その後全国に直営店とインショップの展開を広げる。

2007年、最高級ライン「BLACK FLEECE(ブラック・フリース)」を発表。ゲストデザイナーにThom Browne(トム・ブラウン)を迎え、メンズ、レディースを展開。創業以来、初めての外部デザイナーとのコラボレート。契約は2011年春夏シーズンまで。

2008年10月、アメリカ・ニューヨークのブリーカー・ストリートにBLACK FLEECE初の独立ショップのオープンを予定。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。