C-DIEM

カルペディエムについて

ブランドについて

 イタリアの靴と革製品を中心としたブランド。1994年、Maurizio Altieri(マウリツィオ・アルティエリ)がイタリア・ペルージャに設立。その後、拠点をフランス・パリへ移す。ブランド名はラテン語で「今、この瞬間を生きる」、「その日を摘め」等を意味する。一般的に「カルペ」等と訳して呼ばれている。

 主に、シャツ、ブーツ、カットソーが定番商品で、ウォシャブル(洗い加工)を施したレザーシャツが代表作。斬新な素材とイタリアの職人による独自の技術により、本来のレザーという概念を打ち破る。商品は全て手作業によって作られ、価格は高額帯。

 マウリツィオ・アルティエリの元で働いていた橋本淳が帰国し立ち上げたwjkが、日本においてのC-DIEM正規代理店としてを取り扱う。コラボレーションアイテムも発表している。
 現在デザイナーのアルティエリ、アマディ両氏はブランドを撤退している。

カルペディエムが展開するライン

「LM AltieriLM(アルティエリ)」 布に特化したライン「サルトリア」

最終更新: 2013.04.20