CHAUMET

ショーメについて

ブランドについて

Marie-Etienne Nitot( マリ・エティエンヌ・ニト)により1780年に創立されたフランスのジュエリー・ウォッチブランド。
「グランサンク(5大宝飾店)」と呼ばれるほどの伝統と格式を持つ名門ジュエラー。
フランス革命以前よりヨーロッパの王室などを顧客に持ち、ナポレオンの戴冠式では冠や宝剣を手掛け、王室御用達宝石商に指定される。
また、ティアラはヨーロッパ中の王侯貴族に高く評価された。

ショーメのブランドヒストリー

1780年 Marie-Etienne Nitot( マリ・エティエンヌ・ニト) によりCHAUMETの前進となる店が創立
1802年 ナポレオンI世帝室御用達を授与
1885年 ジョセフ・ショーメがメゾン経営を引き継ぐ
     店名を「ショーメ」と改められる
1907年 ジョセフ・ショーメは店をヴァンドーム広場21番地に移転
1928年 マルセル・ショーメが店を引き継ぐ
1980年 ショーメの創業200周年を記念して、ヴァンドーム広場12番地にショーメ・ミュージアムが開設
2004年 イブニングドレスウォッチとメンズジュエリーをスタート
2002年9月 東京・銀座にショーメ銀座店をオープン
2009年 マーク・アルフィエリとコラボレートしトゥールビヨンを発表(限定12本)

最終更新: 2009.06.18