Christian Louboutin

クリスチャン ルブタンについて

ブランドについて

 パリ出身のデザイナーChristian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)が1992年に立ち上げた高級シューズブランド。エレガントでセクシーなフォルム、女性の心を掴んで離さないデザインに加え、上品な色使いと履きやすさが特徴。シグネチャーは、"レッド・ソール"と呼ばれる、深紅の靴底。世界中の有名女優やセレブから愛されている。

 「Christian Louboutin」のシューズは、全てパリのデザインスタジオにてクリスチャン・ルブタン氏によりデザインされ、イタリアで生産されている。

 世界中で12店舗のブティックを展開。46カ国の有名百貨店をはじめ、世界各国の主要都市にて取り扱われている。

クリスチャン ルブタンのデザイナーについて

 Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)

1964年、フランス・パリの労働者階級の地で知られる12区のカプリコーン生まれ。

1975年、Museum of African Artにて、シャープなヒールに鮮やかな赤い画材で斜線が引かれた画(サイン)に目を奪われる。

1980年、フランスの有名なミュージックホールのひとつである、Folies Bergereにて見習いとして職に就く。

 その後、「CHANEL(シャネル)」、「Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)」といったメゾンにてインターンの仕事を1986年まで行う。

1989年、ランドスケープデザインの仕事に移行する。

1992年、自身の名を冠したブランド「Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)」を立ち上げ、パリに路面店1号店をオープン。

1994年、ニューヨークに初の路面店をオープン。

1995年、「Jean-Paul Gaultier(ジャン・ポール・ゴルチエ)」、「Chloé(クロエ)」、「AZZARO(アザロ)」、「DIANE von FURSTENBERG(ダイアン・フォン・ファステンバーグ)」、「VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)」、「GIVENCHY(ジバンシー)」、「LANVIN(ランバン)」といったメゾンブランドにオートクチュールコレクションとメインコレクションのシューズをデザインする。

1996年、International Fashion GroupよりFanny Awardを受賞。

2002年、デザイナーYves Saint Laurentの手掛ける最後のコレクションにて“Christian Louboutin for Yves Saint Laurent Haute Couture 1962-2002”と名付けられたシューズのコレクションを発表。これは、Yves Saint Laurentが自身の名前を他のデザイナーと共有した最初で最後の出来事であった。

2007年、映画監督であるDavid Lynchとコラボレーションを行い、“Fetish”と名付けられたエキシビジョンを開催。それは、David Lynchによって撮り下ろされた、この世で最もフェティッシュなシューズ達となった。

2009年、日本法人クリスチャン ルブタン ジャパンを設立。

2009年9月、「Piper Heidsieck(パイパー・エドシック)」とコラボレートし、"シャンパーニュを飲むためのハイヒール型グラス"が収められた限定コレクションを発表。

2010年10月、ファッションドール「バービー」50周年記念イベント「Barbie & Ken 50th Anniversary バービー展」にて「ルブタンバービー」を発売。

2010年10月、東京・銀座に国内初の路面店をオープン。

2011年4月、ブランドを象徴する"レッドソール"を模倣したとして「Carmen Steffens(カルメンステフェン)」と「Yves Saint Laurent (イヴ・サンローラン)」を提訴。

2012年2月、ブランドの20周年を記念してカプセルコレクションを発表。

2012年5月、クリスチャン・ルブタン・ボーテの設立を目指し、バタルア・ビューティーと合弁事業を開始したことを発表。

2012年7月、ディズニーの名作「シンデレラ」とコラボレーションした、シンデレラの靴を公開。

2013年3月、メンズラインからアクセサリーコレクションが初登場。

2013年5月、靴にフォーカスしたドキュメンタリー映画「私が靴を愛するワケ」に出演。

クリスチャン ルブタンのブランドヒストリー

1992年、フランス・パリにChristian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)が自身の名を冠したブランド「Christian Louboutin」を立ち上げ、パリに路面店1号店をオープン。

1994年、ニューヨークに初の路面店をオープン。

2002年、デザイナーYves Saint Laurentの手掛ける最後のコレクションにて“Christian Louboutin for Yves Saint Laurent Haute Couture 1962-2002”と名付けられたシューズのコレクションを発表。これは、Yves Saint Laurentが自身の名前を他のデザイナーと共有した最初で最後の出来事であった。

2007年、映画監督であるDavid Lynchとコラボレーションを行い、“Fetish”と名付けられたエキシビジョンを開催。それは、David Lynchによって撮り下ろされた、この世で最もフェティッシュなシューズ達となった。

2009年、日本法人クリスチャン ルブタン ジャパンを設立。

2009年9月、「Piper Heidsieck(パイパー・エドシック)」とコラボレートし、"シャンパーニュを飲むためのハイヒール型グラス"が収められた限定コレクションを発表。

2010年2月、日本初の直営店を松屋銀座2Fにオープンし、メンズシューズ初展開。

2010年10月、ファッションドール「バービー」50周年記念イベント「Barbie & Ken 50th Anniversary バービー展」にて「ルブタンバービー」を発売。

2010年10月、東京・銀座に国内初の路面店をオープン。

2011年3月、関西初の直営店を大阪の「大丸心斎橋店」2Fにオープン。

2011年4月、ブランドを象徴する"レッドソール"を模倣したとして「Carmen Steffens(カルメンステフェン)」と「Yves Saint Laurent (イヴ・サンローラン)」を提訴。

2012年2月、ブランドの20周年を記念してカプセルコレクションを発表。

2012年5月、ブランド初となるiPad/iPhone用のアプリケーションを発表。

2012年5月、クリスチャン・ルブタン・ボーテの設立を目指し、バタルア・ビューティーと合弁事業を開始したことを発表。

2012年7月、ディズニーの名作「シンデレラ」とコラボレーションした、シンデレラの靴を公開。

2013年3月、メンズラインからアクセサリーコレクションが初登場。

2013年5月、デザイナーChristian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)が靴にフォーカスしたドキュメンタリー映画「私が靴を愛するワケ」に出演。

最終更新: 2013.05.12