DEREK LAM

デレク ラムについて

ブランドについて

 アメリカのファッションブランド。2003年、デザイナーDerek Lam(デレク・ラム)により創立。レディースウエアと、バッグ、靴、アイウエアなどのアクセサリーを展開する。

 アメリカのファッション界における、数々の栄誉ある賞を受賞した実力のあるデザイナーによるコレクション。上質でエレガントかつモダンなドレススタイルに定評がある。

デレク ラムのデザイナーについて

 Derek Lam(デレク・ラム)

1966年、アメリカ・サンフランシスコ生まれ。

1990年、パーソンズ・スクール・オブ・デザインを卒業。

 その後、「Michael Kors(マイケル・コース)」などでアシスタントデザイナーを務める。

1998年、「Kors Michael Kors(コース・マイケル・コース)」の副社長に就任。

2003年、自身のブランド「DEREK LAM」を創立。

2004年春夏、ニューヨークコレクションにデビュー。

 新人デザイナーに送られるEcco Domani Fashion Foundation Award(エコ・ドマーニ・ファッション財団賞)を受賞。

2005年、CFDA(米国ファッションデザイナー協議会)の新人賞にあたるペリーエリス賞を受賞。

2006年、「TOD'S(トッズ)」のクリエイティヴ・ディレクターに就任。

2007年、CFDAよりアクセサリー・デザイナー・オブ・ジ・イヤーを受賞。

デレク ラムのブランドヒストリー

2003年、デザイナーDerek Lam(デレク・ラム)により創立。

2004年春夏、ニューヨークコレクションにデビュー。

2006年、TOD'S(トッズ)と、DEREK LAMブランドの靴・バッグ・革小物のライセンス契約を締結。

2008年、デレク・ラム・インターナショナル社を、イタリアのラグジュアリー・グッズ企業ラベルクス・グループが買収。

最終更新: 2008.07.17