DIESEL

ディーゼルについて

ブランドについて

1978年、イタリアで誕生。

 5POCKETデニムをはじめメンズ、レディースのウェアから、シューズ、バッグ、アクセサリー、時計、サングラス、アンダーウェア、フレグランスまでトータルコーディネートが揃うプレミアム・カジュアル・ブランド。

 "DIESEL"という名前は、世界中で同じように発音されて覚えやすく、当時新たなエネルギーとして注目されていたディーゼル燃料のように世間を活気づけたいという思いからつけられた。

ディーゼルのブランドヒストリー

1978年、レンツォ・ロッソにより“DIESEL”誕生。

1979年、初のメンズトータルコレクション展開。

1989年、レディースライン誕生。

1991年、グローバルマーケティング戦略に基づき、広告キャンペーンを展開。

1995年、ディーゼルのウェブサイトwww.diesel.comを立ち上げる。ファッションブランドとしては非常に早い段階と言えるスタートを切った。

1996年、ディーゼルの最初の旗艦店をニューヨーク、ローマ、ロンドンにオープン。

1999年、日本初のディーゼルストアを東京と大阪にオープン。

2000年、レンツォ・ロッソ、スタッフインターナショナル(Dsquared2、Vivienne Westwood、Maison Martin Margielaの製造・販売を行うイタリアの会社)を買収。

 ジャパンサイトwww.diesel.co.jpを立ち上げる。

 世界初のDIESEL DENIM GALLERYを大阪にオープン。

2001年、インターナショナル・ミュージック・コンテスト“DIESEL:U:MUSIC”がイギリスでスタート。

2002年、子会社、DIESEL DEUTSCHLAND、DIESEL FINLAND設立。

 カール・ラガーフェルドとコラボレートし、“Lagerfeld Gallery by DIESEL”を展開。

 レンツォ・ロッソ、Maison Martin Margielaの過半数株主となる。

 世界中のファッションデザインスクールの学生や新卒者のためのファッションコンテスト“ITS”のサポートスタート。

2003年、子会社、DIESEL JAPAN設立。

2005年、ディーゼル、ニューヨークのファッション・ウィークに初参加。

2006年、フランス、ロレアル社とフレグランスラインのライセンス契約を締結。

2007年、ディーゼルが第72回ピッティ・イマージネ・ウォモにて、最先端技術を取り入れた革新的なショーをメインゲストとして開催。

 ジョン・ガリアーノから新たに誕生するキッズラインの製造および全世界における販売の独占ライセンス契約を締結。

 アディダスとパートナーシップを組み、コラボレーションアイテム「adidas Originals Denim by DIESEL」を発表。

2008年、ディーゼルのコンテンポラリー・コレクション“DIESEL BLACK GOLD”の初コレクションをNYファッション・ウィーク期間中に、またホームコレクシン“Successful Living from DIESEL”をミラノサローネ国際家具見本市開催中に発表。

 ジュエリーデザイナー、ウーゴ・カッチャトーリとの初のコラボレーション、またイタリアのフィアット社とコラボレーションカー「FIAT 500byDIESEL」を発表。

 日本国内で3店舗目となる旗艦店を東京・銀座に、また中国初の旗艦店を香港に、ヨーロッパ最大の旗艦店をイタリア・ミラノのサンバビラにオープン。

 レンツォ・ロッソ、ヴィクター・ホスティン(Viktor Horsting)とロルフ・スノラン(Rolf Snoeren)のデザイナーデュオが手掛ける「Viktor & Rolf」を買収、またMarc Jacobsのメンズコレクションのライセンス契約を締結。

 ディーゼル誕生 30周年のイベント「DIESEL XXX」を世界17カ国で同日開催。

 ディーゼル、インドのリライアンス・ブランズとの合弁事業契約を締結。インド市場に進出。

2009年、ギリシャ人デザイナー、ソフィア・ココサラキが2010年秋冬コレクションより「DIESEL BLACK GOLD」のレディースラインのデザイナーに就任することを発表。

最終更新: 2010.09.14