DIRK BIKKEMBERGS 

ダークビッケンバーグについて

ブランドについて

1986年に、Dirk Bikkembergs(ダークビッケンバーグ)が発表したシューラインより始まるアントワープのファッションブランド。 Dirk Bikkembergs は「the Antwerp six(アントワープの6人)」のうちの1人である。
エレガントかつシンプルなスタイルにジーンズなど、カジュアルテイストのアイテムをスタイリングするのが特徴。また、レザーやミリタリーなどのハードなアイテムも数多く扱っている。
ベルギーでは絶大な人気を誇り、アントワープではダークビッケンバーグを着用した人が多くみられる。「私はファッションと結婚した。これからもその信念に忠実に生きていく」と一貫して自分のファッションにおける哲学を貫いていて、革のブーツやレザーアイテムが多い。概して力強く男らしい、かつセクシーなブランドイメージ。
ダークビッケンバーグ他、ウィメンズライン『DIRK BIKKEMBERGS』やカジュアルライン『BIKKEMBERGS』も展開している。

ダークビッケンバーグのデザイナーについて

Dirk Bikkembergs(ダーク・ビッケンバーグ)

1962年、ドイツのケルンに生まれる。1981年にRoyal Academy of Fine Arts Antwerp(アントワープ王立芸術アカデミー)を優秀な成績で卒業後、フリーデザイナーとして活動する。1984年より、Jean Paul Gaultier(ジャン・ポール・ゴルチエ)に師事し、1985年には最も有望な新人としてゴールドスピンドル賞を与えられる。1986年よりロンドンでシューズコレクションを発表。その後メンズ、ウィメンズと次々とラインを開拓していく。

ダークビッケンバーグのブランドヒストリー

1986年 「DB」としてロンドンでシューズコレクションを発表。
1987年 ニット中心のメンズラインを発表。
1988年 「the Antwerp six(アントワープの6人)」の中でもっとも早くメンズ「Dirk Bikkembergs Men」をパリでコレクションデビューを飾る。
1993年  レディース「Dirk Bikkembergs Women」がパリでコレクションを発表。
1998年 カジュアルライン「Bikkembergs Men(White Label)」を発表。またメンズラインをミラノに移す。
2000年 「Bikkembergs jeans collection(Red Label)for Men and Woman」など、いくつかのレーベルを発表。そしてMoet&Chandon(モエ・エ・シャンドン)よりEsprit du Siecle(世紀のエスプリ賞)を受賞する。

ダークビッケンバーグが展開するライン

Dirk Bikkembergs Men、Dirk Bikkembergs Women、Bikkembergs Men(White Label)、Bikkembergs jeans collection(Red Label)for Men and Women

最終更新: 2011.06.28