dyson 

ダイソンについて

ブランドについて

1993年にJames Dyson(ジェームス・ダイソン)によって創設されたイギリスの家電ブランド。ダストカップの中でゴミと空気を遠心分離させる働きを活用したサイクロン式掃除機を初めて開発・製造した会社。
ジェームズは、紙パック式掃除機が紙パックが満杯になっていなくても交換しなければならないことに気づいて、フィルターを定期的に交換するか、洗浄すれば紙パックが不要な方式としてデュアルサイクロン方式掃除機を発明した。
紙パックを使用せず、目詰まりがなく、吸引力も変わらない、という利便性から近年世界中で知られるようになった。また、「デザインは機能性を追求するところからはじまる」というダイソンのポリシーのもと、デザインと機能性を両立するプロダクトを製造している。その功績が認められ今では各国の美術館や博物館で展示されている。
掃除機の他には、羽のない扇風機で知られている『Air Multiplier(エアーマルチプライヤー)』も画期的な発明で有名。

ダイソンのデザイナーについて

Sir James Dyson(サー・ジェームス・ダイソン)

イングランド出身の産業デザイナー。ダイソン社の創業者であり、サイクロン式掃除機の発明、開発者。
ロンドンの王立美術大学で家具とインテリアのデザインを専攻し、また同時にエンジニアリングを学ぶ。15年の歳月をかけてサイクロン掃除機を開発し、ビジネスを展開させ、1993年にダイソン社を設立。発売後3年でイギリスの掃除機市場シェア50%を占める。

ダイソンのブランドヒストリー

1990年 James Dyson(ジェーム・ダイソン)第一号機のGフォース型サイクロン掃除機を開発。
1991年 日本の国際産業デザイン見本市で受賞し、日本のメーカー、シルバー精工がライセンスを取得し、製造・販売を請け負う。その後、日本からもライセンス料でダイソン社を企業。
1993年 ウィルトシャーに研究所えお工場を開設。DC01を開発する。
2002年 コスト削減のため、工場をウィルトシャーからマレーシアに移転。

最終更新: 2011.06.28