GIRARD-PERREGAUX

ジラールペルゴについて

ブランドについて

1971年に創立されたスイスのウォッチブランド。
自社で一貫生産を行う世界でも数少ないマニュファクチュールとして有名。
人気モデルは「ヴィンティージ1945」「ジラール・ペルゴ1966」など。

ジラールペルゴのブランドヒストリー

1852年、コンスタン・ジラールがジラール社を設立
1856年、コンスタン・ジラールがマリー・ペルゴと結婚し、「ジラール・ペルゴ」に社名変更
1889年、3つの黄金のブリッジを持つ「スリー・ゴールド・ブリッジ付きトゥールビヨン」を発表
1906年、ジラール・ペルゴがボット社を買収
1993年、フェラーリ(Ferrari)とライセンス契約を締結し、フェラーリの跳馬の紋章である「カヴァッリーノ・ランパンテ(Cavallino Rampante)」を刻印したスプリット・セコンド・クロノグラフを限定生産
2006年、日本限定モデルを発表
2007年、ブシュロンと提携し、高度な機械式ムーブメントを搭載したコレクションを発表
2008年、PPRがソーウインドグループに資本参加(提携)。これにより傘下にあるグッチ、バレンシアガなどとのコラボレートや時計技術の提供、ジラール・ペルゴの生産、販売チャネルを強化

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。