ISSEY MIYAKE

イッセイ ミヤケについて

ブランドについて

 1971年ニューヨークで初のコレクションを発表。その後1973年からパリでコレクションを発表している。
 発表当初から衣服を「一枚の布」と捉えたデザイナー三宅一生の服作りは、世界で大きな驚きと共感を得た。長年にわたり身体と衣服の関係に着目しながら、研究・実験・開発を通し、常に新しいモノ作りに挑戦し続けている。絶え間なく前進する精神は新しい服づくりの概念を生み出し、1989年には現在の「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」の原型を、また1997年には三宅一生と藤原大が共同で開発した「A-POC」の基本形を誕生させた。現在「A-POC」のノウハウや考え方は「ISSEY MIYAKE」のみにとどまらず、グループ内の各ブランドにおいて"A-POC INSIDE"と呼ばれ、デザインソリューションとして活用されている。

 多くの人材や革新的な技術を生み出しながら、三宅一生の精神は世代を超えて引き継がれている。2012年春夏コレクションからはデザイナー宮前義之とそのチームが担当し、新たな視点や発想に日本の伝統的な技術力と新しいテクノロジーを交差させ、更なる挑戦を続けている。

  イッセイ ミヤケグループは、「ZUCCa(ズッカ)」、「TSUMORI CHISATO(ツモリチサト)」、「sunaokuwahara(スナオクワハラ)」、「Ne-net(ネ・ネット)」、「mercibeaucoup,(メルシーボークー、)」、「FINAL HOME(ファイナルホーム)」などを展開している。

イッセイ ミヤケのデザイナーについて

宮前 義之(Yoshiyuki Miyamae)
 1976年生まれ。文化服装学院アパレルデザ イン科を卒業後、2001年に三宅デザイン事務所に入社。 A-POC(エイポック) の企画チームに参加し、2006年から「ISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)の企画チームに加わる。2011年に「ISSEY MIYAKE」4代目デザイナーに就任。

イッセイ ミヤケが展開するライン

ISSEY MIYAKE MEN、PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE、HaaT、me ISSEY MIYAKE、BAO BAO ISSEY MIYAKE

最終更新: 2013.07.11