JEAN PAUL KNOTT

ジャン・ポール・ノットについて

ブランドについて

 ベルギー人デザイナーJean-Paul Knott(ジャン・ポール・ノット)により、2000年に創立したファッションブランド。

 美しいドレープと優れたバランスのシルエット。モノトーン色を基調に、イノセントかつエレガントなコレクション。

ジャン・ポール・ノットのデザイナーについて

Jean-Paul Knott(ジャン・ポール・ノット)

1967年、ベルギー生まれ。

1988年、ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)を卒業。

 イブ・サンローランのアシスタント・デザイナーに就任。

2000年、自身の名を冠したブランド「JEAN PAUL KNOTT(ジャン・ポール・ノット)」を創立。

2001年、KRIZIA(クリツィア)のアーティスティック・ディレクターに就任。

2002年、振付師MAURICE BEJART(モーリスぺジャール)とコラボレートし、バレエのコスチュームをデザイン。

2003年、Louis Feraud(ルイ・フェロー)のクリエイティブ・ディレクターに就任。

2006年、ベルギー・ブリュッセルにコンセプト・ギャラリーをオープン。

2006年春夏シーズンより、日本のセレクトショップTOMORROWLAND(トゥモローランド)が展開するブランド「GALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー)」とコラボレートし、「KNOTT GALERIE VIE(ノット・ギャルリー・ヴィー)」を発表。

2007年、「Cerutti(セルッティ)」のアーティスティック・ディレクターに就任。

 東京・広尾のギャラリーTOMORROWLANDにて「KNOTT GALERIE VIE 2007 WINTER COLLECTION」を発表。同時に、ベルギー人アーティストらによるLOVEをテーマにしたアート展「LOVE the belgian way」を開催。

2008年春夏、「KNOTT GALERIE VIE(ノット・ギャルリー・ヴィー)」がパリ・オートクチュールコレクションにデビュー。

ジャン・ポール・ノットのブランドヒストリー

2000年、ベルギー人デザイナーJean-Paul Knott(ジャン・ポール・ノット)により、自身の名を冠したブランド「JEAN PAUL KNOTT(ジャン・ポール・ノット)」が創立。

2006年、ベルギー・ブリュッセルにコンセプト・ギャラリーをオープン。

2006年春夏シーズンより、日本のセレクトショップTOMORROWLAND(トゥモローランド)が展開するブランド「GALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー)」とコラボレートし、「KNOTT GALERIE VIE(ノット・ギャルリー・ヴィー)」を発表。

2008年春夏、「KNOTT GALERIE VIE(ノット・ギャルリー・ヴィー)」がパリ・オートクチュールコレクションにデビュー。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。