Joe Casely-Hayford

ジョーケイスリーヘイフォードについて

ブランドについて

1985年に創立されたイギリスのファッションブランド。
「ニュー・パンク・クチュール」をコンセプトにイギリスの伝統的なテーラリング技術や素材に遊び心を交えたモダンでアート的なデザインのコレクションを展開。

ジョーケイスリーヘイフォードのデザイナーについて

Joe Casely-Hayford/ジョー・ケイスリー・ヘイフォード
1956年 イギリス・ケント出身。
サヴィル・ロウのテーラーで見習いからキャリアをスタート。
1974年 テイラー&カッター・アカデミーを経て、セントマーチン美術大学に入学。
1979年セントマーチンズ卒業。
その後、インスティテュート・オブ・コンテンポラリー・アーツで美術史を学ぶ。(現在、セントマーチンズで若手デザイナーの育成にも努める)
1985年、自身の名を冠したブランド「Joe Casely-Hayford」を立ち上げる。
1989年、「ブリティシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」にノミネート。
1991年「フィフス・サークル」というイギリスのメンズウェアデザイナーから構成されるグループの一員としてロンドンコレクションにデビュー。
1996年にパリ・メンズコレクションに参加。
2005年「ギーブス&ホークス」及びそのプレタポルテラインの「ギーブス」のクリエイティヴ・ディレクターに就任。(現在、メンズをパリで発表し、レディースをロンドンで発表)
U2の「Zoo TV」ワールドツアーの衣装、デレク・ジャーマンの映画「エドワードⅡ」、ジョナサン・バロウのバレエ「Very」などミュージシャン、映画やバレエの衣装デザインなど幅広く活動。

ジョーケイスリーヘイフォードのブランドヒストリー

1985年 Joe Casely-Hayford創立

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。