Lagostina

ラゴスティーナについて

ブランドについて

イタリアの老舗調理器具ブランド。日本での正規輸入は2006年からグループセブジャパン社(1975年設立)が行っている。
1901年の設立以来、"最も理想的な調理器具"をテーマに100年以上に渡り、美しくシンプルな、そして優れた耐久性の製品を生み出してきた。「革新的、高い技術、創造性、エレガントさから品質を追求する」という設立者の基本方針を守りつつ、エレガントで機能的な商品を展開。
他者に先駆けて世界初のステンレス調理器具を開発したり、アルミニウムをステンレスで挟み込む『ラゴプラン底面』によって剥がれにくい底面を実現したりと、研究開発には力を入れている。

ラゴスティーナのブランドヒストリー

1901年 イタリア北部、アルプスにほど近いマッジョーレ湖畔にある街オメーニャにて設立。
1934年 「カーサミア」シリーズの販売を開始。このシリーズは優れたデザインをもつ調理器具として、現在もニューヨーク近代美術館(MoMA)に展示されている。
1956年 18-10ステンレス鋼を使用した独自の圧力なべの販売を開始。この革新的な商品で、ラゴスティーナブランドは瞬く間に世界80カ国の家庭で愛用されるようになる。
1971年 独自の優れたデザインだけではなく、機能面にも優れた最高級シリーズ「アカデミア」を発売。現在のアカデミアは底面5層構造となり、ブランドの主力商品となる。

最終更新: 2011.06.29