lalu

ラルについて

ブランドについて

2005年にスタートした日本のメンズブランド。デザイナーは坂井 真吾。
良質な素材を選び、その中で時代をさりげなく感じられる商品を提供、発信し続けている。
作り手の主観的価値観、着手の客観的価値観が重なりあうところに存在している個性的な衣服の創造をコンセプトとしており、自由に創りたいものを表現するため、着手に先入観を与えないために敢えてブランドコンセプトやシーズンテーマは掲げていない。
独創的な発想と斬新なカッティングにより彫刻のような有機的で立体的なコレクションを展開。流行に流されず独自のスタンスを持って、より高いクオリティと驚きを与えるブランド。
バイヤーの立場ではなく、ブランドを発信するデザイナーの立場から提案するコンセプトショップ「Kammer」も展開。テイストや知名度ではなく、そのクリエイションに敬意を払えるブランドのみを厳選したセレクトを行っている。

ラルのデザイナーについて

坂井 真吾
アパレルブランドでバイイングを含めショップのマネージメントを担当し、その後マスターワークスに入社し更に経験を積む。2005年、自身のブランド 「 lalu 」をスタートさせる。

ラルのブランドヒストリー

2005年、京都にて『lalu』がスタート。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。