Lamp harajuku

ランプ ハラジュクについて

ブランドについて

日本のセレクトショップ。現在東京と大阪2店舗を展開。運営はH.P.FRANCE。

  コンセプトは「女の子の二面性」。映画「ひなぎく」('66 チェコスロバキア)の女の子のように、少女の持つ「かわいらしさ」と「残酷さ」、女性の持つ「美しさ」と「したたかさ」をあわせ持っている女の子をイメージし、日本のブランドをメインに展開している。

  バイヤー兼ディレクターである米山えつ子のもつ「Lamp harajuku」のコンセプトはオープン当初から変わらず、その確立された世界観は今もファッションに敏感な女の子に支持を集めている。

  原宿店はB1Fにギャラリーを併設し、インスタレーションや展覧会、コラボレーションなども行っており、ファッションだけにとどまらず活動は多岐に渡る。

  2008年10月には、2号店となる「Lamp harajuku y MEXICO CHIDO」が大阪梅田にオープンした。「女の子の二面性」というコンセプトはそのままに、進化した「Lamp harajuku」のイメージが表現されている。MEXICOからインスピレーションを受けセレクトされた国内外の多彩な洋服・小物が揃う。

ランプ ハラジュクのブランドヒストリー

2000年 「Lamp harajuku」オープン。
2008年10月 2号店「Lamp harajuku y MEXICO CHIDO」が大阪にオープン。

最終更新: 2009.09.18