MARCO TAGLIAFERRI

マルコタリアフェリについて

ブランドについて

1990年に設立された。イタリア・ミラノのデザイナー、Marco TAGLIAFERRI(マルコ・タリアフェリ)の冠ブランドである。
ソフトな素材感とオリジナリティ溢れるデザインが特徴。高いクオリティと洗練された無駄のないデザインは、流行にとらわれず長く愛用できることからファンも多い。本人も、自分のブランドを"Never start and never end(決して始まらない、そして終わらない)"と形容し、商業的影響を受けずに自分のやりたいことをチャレンジしている。
1990年にレディースウェア・コレクションを発表し、5年後にはメンズウェア・コレクションを発表した。
現在では、主にレザーとシャツやニットを中心に展開している。


マルコタリアフェリのデザイナーについて

・Marco TAGLIAFERRI(マルコ・タリアフェリ)
1961年、イタリアのミラノに生まれ。アートスクール卒業後、83年にGIANNI VERSACE(ジャンニ・ヴェルサーチ)でキャリアをスタートさせる。83年から 4年間、TRUSSARDI(トラサルディ)のライセンスのデザイナーを務める。
その後、VERRI UOMO(ヴェリー・ウオモ)のデザイナーも経験する。
そして90年、「Marco TAGLIAFERRI(マルコ・タリアフェリ)」の名を冠して、独自ブランドをスタートさせる。
1997年、ROMERO GIGLI(ロメオ・ジリ)のライセンスのデザイナーを手掛ける。セカンドラインの位置付けであるカシミアニットウェアブランド「アヴァントワ(avant toi)」を発表。
1998年、BARBA(バルバ)のデザイナーに就任する。

マルコタリアフェリのブランドヒストリー

1990年 MARCO TAGLIAFERRI(マルコタリアフェリ)設立。レディースウェア・コレクション発表。
1995年 メンズウェア・コレクション発表。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。