MARINELLA

マリネッラについて

ブランドについて

1914年に設立されたイタリア発のネクタイブランド。もともとはシャツとネクタイを扱う小さな仕立て屋だった。
英国が流行の最先端であった当時、ナポリにその流行のシャツを輸入し販売を始める。ナポリで最先端の流行が手に入れられる数少ない店のひとつだったため、本物のエレガンスが手に入る「小さな宝石箱」と称された。その後、パリから数人の職人を連れてきて技術を吸収し、セッテピエゲ(7つ折)の技法を発明。"ブルボン家御用達"の称号も授かり、ナポリサミット時には各国の首脳にMARINELLA(マリネッラ)のネクタイが贈られた。
小紋などのプリント柄の場合は英国の織り元から供給される最高級のシルク地を採用。また、ナポリの工房内で一本一本手作業によって仕立てられるため大変時間がかかり、日産130~140本に過ぎない。創業者の美的センスが継承されているためか、柄や色のセンスもよく、現在でも店舗を大きくすることのない「小さな宝石箱」は、エレガンスを求める紳士にワンランク上のお洒落で高品質なタイとして人気である。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。