mash mania

マッシュ マニアについて

ブランドについて

1999年に設立された日本発のアパレルブランド。
取扱会社は1923年5月1日設立のセーレン株式会社(SEIREN CO., LTD.)。
2009 S/Sは、サファリガーデンをテーマに展開している。アースカラーとビビッドカラーがマッシュされたアフリカンミックスなコレクションを提案する。ブランドの名前の由来は、『マッシュ』が「ぐちゃぐちゃにする」、「まぜる」という意から、大胆なデザインや柄が詰まったぐちゃぐちゃのおもちゃ箱のようなイメージを目指す。
mash mania(マッシュ マニア)は、常に『アジア』という大きなコンセプトをベースに、民族や自然をテーマとした展開を基調としている。色柄にインパクトがある個性的なアイテムをメインに展開し、季節ごとにコンセプトを定めたデザイン展開をしている。

マッシュ マニアのブランドヒストリー

1999年 mash mania(マッシュ マニア)をスタートさせる。
2000年 「classic japan」をテーマに展開。
2001年 「COOL FLIT」「GROUND SOUL」をテーマに展開する。

2002年
「MASH ISLAND」「MASH MOUNTAIN」をテーマに展開。

2003年
「Fant"ASIA」「喜遊幸楽」「ECCENTRIC & EXOTIC」をテーマとし、展開をする。

2004年
「Neo Western City」「GO TO SOUTH RESORTS」 「From fareast」「The North Goal」をテーマに展開。

2005年
「春花爛漫」「夏鳥飛歌」「秋風満帆」「冬水寒月」をテーマに展開する。

2006年
「Happy Go Lucky」「Care free to the oasis」をテーマに展開をする。

2007年
「JUNGLE」「Wonder -Romo-」をテーマに展開。

2008年
「DEEP ASIA」をテーマとし、展開をする。

2009年
「Garden」をテーマに展開。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。