matohu

マトフについて

ブランドについて

 日本のファッションブランド。2005年、堀畑裕之(Hiroyuki Horihata)と関口真希子(Makiko Sekiguchi)により創立。

 ブランド名は、日本古来の独特な表現である「纏う」と、固有の美意識の成熟を「待とう」という2つの意を持つ。ロゴマークは、自由に飛ぶ「千鳥」をモチーフにしている。

 和装と洋装を融合し、固定概念や常識にとらわれない新しい表現を提案。確かなパターン技術と、染めや織りなど素材を活かした服作りが特徴。定番アイテムは長着。

 「慶長の美」をテーマに、10シーズンに渡るコンセプトに基づいたコレクションを展開している。欧州をはじめ、海外からの評価も高い。

マトフのデザイナーについて

 堀畑裕之(Hiroyuki Horihata)

同志社大学大学院を修了後、文化服装学院アパレルデザイン科に入学。

 関口真希子(Makiko Sekiguchi)

杏林大学卒業後、文化服装学院アパレルデザイン科に入学。


共に1998年卒業。

 別ブランドで、それぞれパタンナーとして5年間勤務。

2005年、渡英。ロンドンのデザイナーBora Aksu(ボラ・アクス)のアトリエで働く。

 帰国後、リューズデン設立。ブランド「matohu(まとふ)」を立ち上げる。

2006年3月、東京コレクションにデビュー。

マトフのブランドヒストリー

2005年、堀畑裕之(Hiroyuki Horihata)と関口真希子(Makiko Sekiguchi)により「matohu(まとふ)」を立ち上げる。

2006年3月、東京コレクションにデビュー。

最終更新: 2013.04.25