MONCLER

モンクレールについて

ブランドについて

 イタリアのプレミアム・スポーツウエアブランド。1952年、フランス・グルノーブル郊外のMonestier de Clermont(モネステ・ド・クレァモン)にて創業。

 創業地名の一部を組み合わせ、「MONCLER(モンクレール)」と名付けられた。

 代表アイテムはダウンジャケット。シャイニーナイロン素材に最高品質のグースの産毛を使用。高い品質に目を付けたフランスの上流階級に愛用され、現在のプレミアム・ダウンウェアとしての地位を確立。高価格帯ながら、イタリアをはじめ世界的にブレイクしている。人気モデルは「K2(ケー・ツー)」、「HIMALAYA(ヒマラヤ)」、「EVEREST(エべレスト)」など。

 1968年にフランス・グルノーブルで開かれた第10回冬季オリンピック大会から使われている"オンドリ"と"M"を組み合わせたのロゴマークがブランドのシンボル。通常よりも大きめのサイズの、通称「デカロゴ」も使われている。

 「JUNYA WATANABE(ジュンヤ・ワタナベ)」、「BALENCIAGA(バレンシアガ)」、「FENDI(フェンディ)」など、著名ブランドとのコラボレートも行われている。

 近年ではダウンジャケット以外に、ポロシャツや、シャイニーナイロン素材のジャケット、バッグなども人気。

 日本においての正規輸入代理店は八木通商グループのモンクレールジャパン。

モンクレールのブランドヒストリー

1952年、フランス・グルノーブル郊外のMonestier de Clermont(モネステ・ド・クレァモン)にて創業。登山用のウエア、グッズを生産。

1954年、イタリアのカラコルム登頂隊に登山用ウエアを提供。(カラコラム登頂隊が着たダウンは改良を重ね、現在も「KARAKORUM(カラコルム)」というモデルで展開している)

1955年、フランスのマカル登頂隊に登山用ウェアを提供。

1960年代、スキーウエアを発表。

1968年、グルノーブルオリンピックにて、フランスチームの公式ウエアに採用される。

1980年代、ダウンジャケットがファッションアイテムとして徐々に人気となる。

1990年代、モダンで細身のシルエットにリモデルされたタイプが登場。

2004年、「JUNYA WATANABE(ジュンヤ・ワタナベ)」とのコラボモデルを発表。

2005年、「BALENCIAGA(バレンシアガ)」とのコラボモデルを発表。

2006年2月、よりクリエイティブな最高級ライン「MONCLER Gamme Rouge(モンクレール・ガム・ルージュ)」を発表。クリエイティブ・ディレクターにAlessandra Fachinetti(アレッサンドラ・ファキネッティ)が就任。(2007年12月に辞任)

2008年1月、「MONCLER Gamme Rouge」の新クリエイティブ・ディレクターにGiAMBATTiSTA VALLi(ジャンバティスタ・ヴァリ)が就任。

 同年、「FENDI(フェンディ)」とコラボレートし、ダウン素材のスパイバッグを発表。

2008年8月、イタリアの投資会社Carlyle Group(カーライル グループ)が、「MONCLER(モンクレール)」を傘下に持つMoncler Group(モンクレール グループ)の48%の株式を取得。

 9月、メンズライン「MONCLER Gamme Bleu(モンクレール・ガム・ブルー)」のデザイナーに、米国人デザイナーThom Browne(トム・ブラウン)が就任。

2009年4月、八木通商と伊Moncler S.r.l.の出資により、モンクレールジャパン設立。2009年に日本初のインショップ、2010年に旗艦店の出店を予定。

最終更新: 2009.04.10