NOMOS

ノモスについて

ブランドについて

 1906年にドイツ・グラスヒュッテにて創業された老舗時計メーカー。世界大戦後休眠状態にあったが、1990年に再興され、高級機械式時計を世に送り出すようになる。NOMOSとはギリシャ語の「秩序・規律」を意味する言葉。

 商品の特徴は「デザイン ・ハイクオリティ・リーズナブルプライス」。
 ドイツ近代デザイン「バウハウス思想」を端的に受け継ぐ優れたデザインは、メンズウオッチにもかかわらず女性を多くの顧客に持つ。ケース・ホーンはシリーズによって異なり、代表的なものに「タンジェント」、「タンジェントスポーツ」、「ラドウィッグ」、「オリオン」、「テトラ」などがある。
 厳格な精度基準に裏打ちされるクオリティは、クロノメーター検査の合格基準が「5姿勢、15日間試験、日差-4秒~+6秒」なのに対し、NOMOSでは「4姿勢、6日間試験、日差0秒~+7秒」と、高精度を実現している。
 また、ベルトには7ヵ月もの歳月を経てできる高級ストラップ、ホーウィン社製シェル・コードバンを使用。農耕馬のお尻の部分の皮(1頭から1割程度しかとれない)にタンニンなめしを施している。


公式サイト
NOMOS
http://www.glashuette.com/de/

最終更新: 2013.04.20