Proenza Schouler

プロエンザ スクーラーについて

ブランドについて

 アメリカ・ニューヨークを拠点とするファッションブランド。2002年、デザイナーJack Mc Collough(ジャック・マッコロー)とLazaro Hernandez(ラザロ・ヘルナンデス)により「Proenza Schouler(プロエンザスクーラー)」を設立。

 ブランド名は、両デザイナーの母親のミドルネームに由来する。主にレディースウエアを展開。

 カラーやプリント使い、細身のラインと遊び心あるディテール。ラグジュアリーかつクールでフレッシュな印象の、大人の女性に向けたコレクション。

 デビュー以来、ペリー・エリス賞をはじめ数々の賞を受賞し注目を集める。アメリカを中心に高感度なセレクトショップで取り扱われ、人気を博している。

プロエンザ スクーラーのデザイナーについて

 Jack Mc Collough(ジャック・マッコロー)
 Lazaro Hernandez(ラザロ・ヘルナンデス)

 アメリカのパーソンズ・スクール・オブ・デザイン卒業。在学中にJack Mc Colloughが「MARC JACOBS(マーク・ジェイコブス)」、Lazaro Hernandezが「MICHAEL KORS(マイケル・コース)」の元でインターンを経験する。

1999年、卒業制作でペアを組んだことをきっかけに、共同でデザイン活動を開始。卒業コレクションはパーソンズ校の最高賞を受賞。

2002年、自身のブランドとして「Proenza Schouler(プロエンザスクーラー)」を設立。

2003-04年秋冬、ニューヨーク・コレクションにデビュー。

2003年、CFDA(The Council of Fashion Designers of America)の新人賞にあたるペリー・エリス賞を受賞。

2006年、エルのファッションデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

2007年、アメリカの量販店「Target(ターゲット)」とコラボレートし、カプセルコレクション「Proenza Schouler for Target」を発表。

 CFDAウーマンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

プロエンザ スクーラーのブランドヒストリー

2002年、Jack Mc Collough(ジャック・マッコロー)とLazaro Hernandez(ラザロ・ヘルナンデス)により「Proenza Schouler(プロエンザスクーラー)」を設立。

2003-04年秋冬、ニューヨーク・コレクションにデビュー。

2003年、CFDA(The Council of Fashion Designers of America)の新人賞にあたるペリー・エリス賞を受賞。

2006年、エルのファッションデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

2007年、イギリス・ロンドンに初のショップをオープン。

 同年、アメリカの量販店「Target(ターゲット)」とコラボレートし、カプセルコレクション「Proenza Schouler for Target」を発表。

 CFDAウーマンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

 ヴァレンチノ・ファッション・グループがプロエンザスクーラーの株式45%を取得。

2008年、伊VICINI(ヴィッチーニ)社とシューズのライセンス契約を締結。

最終更新: 2008.06.12