RMK

アール・エム・ケイについて

ブランドについて

1997年にメイクアップアーティストとして活躍するRUMIKOが創立したコスメティックブランド。 メイクアップ、スキンケアともに多彩なラインナップが揃っているが、ナチュラルなベースメイクや発色の良いカラーアイテムといったメイクアップラインの人気が特に高く、世界的に認知されていコスメブランドとしての地位を確立させている。

アール・エム・ケイのデザイナーについて

RUMIKO
1980年に渡米、ニューヨーク大学で英語を学び、1982年にはメイクアップアーティストとして「アメリカン・ヴォーグ」でデビューした。その後、「フレンチ・ヴォーグ」「ジャーマン・ヴォーグ」「ブリティッシュ・ヴォーグ」「ハーパス・バザー」など世界のファッション誌のファッション・ビューティーページ等を手掛けた他、有名女優たちのプライベートメイクやショー、ミュージックビデオのメイクと多彩に活躍した。
1994年「SPUR」誌上で“RumikoのMake-up Lesson”連載開始し、1996年には連載「RUMIKO’S MAKE-UP BOOK」(扶桑社)を出版、2002年には「DREAM-RUMIKO流 夢の持ち方、叶え方」(マガジンハウス社)を出版、2003年「RUMIKO’S PERFECT BEAUTY BOOK」(講談社)を出版した。
現在もRMKのクリエイティブ・ディレクター、メイクアップアーティストとして多方面に渡り活躍中。

アール・エム・ケイのブランドヒストリー

1997年 メイクアップアーティストとしてデビューしたRUMIKOはオリジナルブランドコスメティック「RMK(アール・エム・ケー)」を発表。
2006-2007AWから「Triumph(トリンプ)」とコラボレートし、新ブランド「コスメティック」を発表。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。