SARTORE

サルトルについて

ブランドについて

1959年にサルトル夫婦によって創立したフランスのシューズブランド。
様々な旅行先で得たインスピレーション、クラフトマンシップとヴィンテージ・カルチャーへの嗜好。幾つもの要素が混じり合い伝統的な製法、手で古色をつけられた気品あるなめし革、ニシキヘビ、テジュリザード、オーストリッチなど豊富なマティエール、あくまで本物にこだわったコレクションを展開。
特に乗馬ブーツは世界で最も美しいとまで言われています。
シーズン毎にパリ「プルミエール・クラス」、ミラノ「ミカム」展示会でコレクションを発表。
現在は創業者の娘、カトリーヌとフランソワーズの二人が経営管理を行いブランドのスタイルを守っている。

サルトルのブランドヒストリー

1959年 SARTORE創立
1996年 CHRISTOPHE LEMAIREとコラボレート
1997年 フランスの工場を閉鎖。イタリアに生産拠点を移動

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。