SEIKO

セイコーについて

ブランドについて

1881年に創立した日本のウォッチブランド。

セイコーのブランドヒストリー

1881年12月 服部金太郎が輸入時計を販売する服部時計店を創業
1892年3月 時計工場である精工舎を設立し、国産クロックの製造を開始。精工舎で製造した国産クロックの販売を服部時計店で始める
1917年10月29日 会社組織に改め資本金500万円の株式会社服部時計店(K. Hattori & Co., Ltd.)になる。
1937年9月 工場精工舎のウオッチ部門が分離独立。株式会社第二精工舎(現在のセイコーインスツル株式会社)になる。
1947年4月 小売部門を分離。株式会社和光設立。
1949年5月 東京証券取引所上場。
1959年5月 株式会社第二精工舎の諏訪工場が分離独立。株式会社諏訪精工舎(現在のセイコーエプソン株式会社)になる。
1969年12月 世界初のアナログクォーツウォッチ アストロン 35SQ[2](セイコーエプソン製)を発売。
1983年8月 社名を株式会社服部セイコー(英文:Hattori Seiko Co., Ltd)とする。
1997年7月 社名がセイコー株式会社に。
2001年7月 セイコーウオッチ株式会社を設立し、ウオッチ事業を分社。事業子会社の「セイコーウォッチ」、「セイコークロック」、「セイコープレシジョン」、「セイコーオプティカルプロダクツ」等を統括。
2007年7月 社名をセイコーホールディングス株式会社(英文:Seiko Holdings Corporation)に変更。
2009年1月26日 - 10月1日付けでセイコーインスツルを完全子会社化することを公表。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。