SIMON CARTER

サイモンカーターについて

ブランドについて

1985年に創立されたイギリスのアクセサリーブランド。
「1930年代の英国スタイル」をコンセプトに展開。
当初はピューターを素材に使いブローチなど男女兼用のアクセサリーを手掛け、その後カフリンクス、時計コレクションへ移行。
ベーシックなエナメルのカフリンクスはもちろん、貴金属のカフリンクス、スワロフスキー・クリスタルのカフリンクス、キュートな女性の絵のカフリンクスなど、バラエティに富んだカフリンクスを展開。
素材こだわりベースには高品質の真鍮を使用しニッケルメッキを施す。その上にプラチナと同じ種類のロジウムメッキを施しているため、変色を防ぎ金属の輝きを保つ。
腕時計とネクタイもサイモンカーターの核をなす商品で、腕時計コレクションは、1930年代や40年代のデザインを反映。
その後、カフリンクスや時計のコレクションの成功により、メンズウェア・コレクションを展開。
スーツはそのスタイルとクオリティからウィル・スミスなど多くのセレブ達に愛されている。
現在、世界35カ国の高級百貨店やセレクトショップで扱われている。

サイモンカーターのデザイナーについて

Simon Careter(サイモン・カーター)
英国イースト・アングリア出身。
「キング・オブ・カフリンクス」として有名。
チェルシーカレッジで免疫学を学ぶために1980年ロンドンへ。
キングスロードのファッションシーンに惹かれ大学卒業を間近に控えた頃、ロンドンの人気ビンテージショップ「Eat Your Out」で働きだす。
これを機にファッションへと転向。
その後、制作したデザインがキングスロードのジュエリーショップ「Cobra&Bellamy」の目にとまり50個の発注を受けアクセサリーデザイナーのキャリアをスタートさせる。
プライベートの時間の楽しみはクラシックカー、バイクの修復、英国アンティーク眼鏡の収集、情報誌「GB」に寄せるコラムを書くこと。
また、熱心なクロケットプレイヤーでもあり、英国だけでなく世界ランク入りするほどの腕前。

サイモンカーターのブランドヒストリー

1985年 SIMON CARTER創立
2002年 メンズウェア・コレクションをスタート
2004年8月 カジュアル・ラインを展開
2005年 カーメル&アルデン社とデニム・コレクションのライセンス契約

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。