sophia kokosalaki

ソフィアココサラキについて

ブランドについて

2000S/Sロンドン・コレクションでデビューしたイギリスのファッションブランド。
クレタ文明などギリシャ風のデザインのコレクションを展開。

ソフィアココサラキのデザイナーについて

sophia kokosalaki/ソフィアココサラキ
1972年 ギリシャ出身。
アテネ大学でギリシャ文学を学び、95年に卒業。
その後Saint Martins College of Art and Designで学び1998年卒業。
2000S/Sロンドン・コレクションでデビュー。
2001年、RUFFOが展開するルッフォ・リサーチのデザインを手掛ける。
2004年 アテネオリンピックの開会式と閉会式の公式衣装を手掛ける。同年2005S/Sパリ・コレクションにデビュー。
2006年7月、vionnetのクリエイティブ・ディレクターに就任。しかし自身のブランドに専念するために2007年に辞任。
2007年、日本のスポーツ系アパレル企業デサントが展開する新ブランド「L'oiseau(ロワゾ)」のデザイナーに就任。旅をテーマにしたレディースウェアを展開。同年、L'oiseau(ロワゾ)の直営店が、東京・青山にオープン。

ソフィアココサラキのブランドヒストリー

1999年 2000S/Sロンドンコレクションにてデビュー
2004年 アテネオリンピックの開会式と閉会式の公式衣装を手掛ける
     2005S/Sパリ・コレクションにデビュー
2006年 06-07 A/W でNINE WESTとコラボレートし、限定コレクションを発表
2007年 ディーゼル傘下のスタッフインターナショナルにより買収
     08S/Sよりここのえが、日本での独占販売権を取得

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。