SUPRA

スープラについて

ブランドについて

1978年に発表されたトヨタが展開する日本の自動車ブランド。
ラテン語で「至上かつ最高」「上へ」「超えて」(スーパー)と言った意味をもつ。
スポーツタイプのクーペ型の後輪駆動乗用車。
国内向けは2代目までセリカXXという名前で販売。
3代目から北米仕様と同じ「スープラ」となる。
1986年から2002年まで生産・販売され累計生産台数は285,280台。

スープラのブランドヒストリー

1978-1981年 A40型セリカXXの初代モデル。アメリカではポルノのハードさを意味する「X」を嫌い、スープラという車名で販売。
1981-1986年 A60型 セリカXXの2代目モデル。国内仕様も1983年からドアミラーが認可。
1986-1993年 A70型 A70型よりセリカから独立、北米仕様と同じ「SUPRA」という車名を採用。発売当時のキャッチコピーは「TOYOTA 3000GT」であり、日本が誇る60年代の名車トヨタ2000GTをイメージ。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。