TOCCA

トッカについて

ブランドについて

 1994年に米ニューヨークでMarie-Anne Oudejans(マリー・アン・オーディアンズ)が設立したレディスブランド。

 ブランド名は、英語の"TOUCH"に相当するイタリア語で、触れてみたくなるような複雑な刺繍や豪華な織物へのこだわりからネーミングされた。商品テイストは、南欧のロマンチックとエキゾチックなリゾートテイストが融合し、N.Y.のフィルターを通すことで洗練された独特の世界観が魅力。特にフェミニンで優雅なドレスは、「TOCCA」の代表的なアイテムとして人気が高く、世界のセレブリティにもファンが多い。

 ウェアの他、アクセサリーやビューティーライン「TOCCA BEAUTY」のフレグランスやキャンドルも人気。

トッカのブランドヒストリー

1994年、アメリカ・ニューヨークでEdoardo Mantelli(エドアルド・マンテルリ)、デザイナーMarianne Oudejan(マリー・アン・オーディアン)、Gordon Finkelstein(ゴードン・フィンケルシュタイン)により創業。

1996年、CFDA(米国ファッションデザイナー協会)の「New Women's Fashion Talent Award」を受賞。

1996年、オンワードグループでインポートセレクトショップを展開するバスストップが独占輸入販売権を取得し、日本での展開スタート。

1996年11月30日、世界初の旗艦店が東京・南青山にオープン。

1997年、ビューティーライン「TOCCA Beauty(トッカ ビューティ)」スタート。アロマキャンドル、香水、ランドリーなどを展開。

1998年、マリー・アン・オーディアンがデザイナーを辞任し、「W」、「イタリアン・ヴォーグ」やプラダのスタイリストを経たAlexandra White(アレキサンドラ・ホワイト)がデザイナーに就任。

2002年、Ellis Krueger(エリス・クルーガー)がデザイナーに就任。

2006年 、Samantha Sung(サマンサ・スン)がデザイナーに就任。

2007年より、Edoardo Mantelli(エドアルド・マンテルリ)がクリエイティブディレクターを担当。

2010年、オンワード樫山が日本での商標権を取得。

最終更新: 2013.04.20