trippen

トリッペンについて

ブランドについて

1992年にドイツベルリンで創業された靴ブランド。デザイナー兼社長はMichael Oehler(ミヒャエル・エーラー)とAngela Spieth(アンジェラ・シュピーツ)。2人の経験や実績を活かして靴作りをしている。ヨウジヤマモトをはじめ、数々のブランドに靴を提供しており、また国内外の数々の賞を受賞してきた。彼らの靴は上品でシンプルなデザイン性はもちろん、きちんと人間工学に基づき履き心地がよく足に優しく長く愛用できる実用性も兼ね備えている。自社の工場は自国のドイツとイタリアに少数あるだけで、一つ一つの商品をきちんと作っていくよう心がけている。
trippenというブランドの名前はのはよちよち歩きの意味。

トリッペンのデザイナーについて

Michael Oehler  (ミヒャエル・エーラー)

靴職人のマイスター。医療矯正靴の制作にも携わっていた。個人製造から舞台、映画のオーダーなど、様々な分野の靴作りを経験してきた。

Angela Spieth  (アンジェラ・シュピーツ)

コンサルタント、デザイナーとして数多くの映画でキャリアを重ね、自己のベースを築く。

トリッペンのブランドヒストリー

1992年 ベルギーのギャラリーから Michael Oehler (ミヒャエル・エーラー)、 Angela Spieth (アンジェラ・シュビーツ)によって「trippen(トリッペン)」が創業される。
1996年 2000年、本国シュトゥットガルトの国際デザインセンターよりデザイン賞を受賞。
1997年 日本初の直営店を原宿にオープン。
2007年 ヒールの高い新型ソールのX+OS(エックスオー)が2つのデザイン賞を受賞。

トリッペンが展開するライン

Trippen(トリッペン) X+OS(エックスオー)

最終更新: 2011.07.13