Whyred

ワイレッドについて

ブランドについて

1999年にスタートしたスウェーデンのアパレルブランド。ローランド・ヨルト、レナ・パトリックソン・ケラー、ヨーナス・クラソンによって設立した。
チーフデザイナーはローランド・ヨルトが務めており、ブランド名の由来は彼の祖父であり著名な芸術家であったスヴェン"X"エリクソンに由来している。エリクソンがインタビューを受けている時、好きな色を訊かれて「赤」と答えた。それに対し記者が「Why Red?(なぜ赤?)」と答えると、「じゃあ,,,青」と答えたそう。これがブランド名につながり、ワイレッドの進歩的なデザイン哲学の原点となっている。

音楽とアートのインスピレーションを受け、クリーンでシンプルなフォルム、ひねりの効いたディテールが、Whyredの哲学「モダンシンプリシティ」を表現している。服のデザインに対し、成熟した表面的でないアプローチを試み、時代に流されずに自立した精神を持ち、自分自身の人生を情熱を持って自由に生き抜く人たちの共感を集めている。
長きにおいて大切に着続けられるワードローブに欠かせない一枚を目指しており、服のデザインに対し、成熟した、表面的でないアプローチを試み、多くの共感を集めている。

ワイレッドのデザイナーについて

ローランド・ヨルト。
パリのエスモードでデザインを学ぶ。
H&Mのメンズウェアのヘッドデザイナー、J.リンドバーグのヘッドデザイナー、タイガージーンズのデザイナー兼コンセプトデベロッパーを経て、Whyredを設立。
ヘッドデザイナーを務める。

ワイレッドのブランドヒストリー

1998年 ローランド・ヨルト、ヨーナス・クラソン、レナ・パートリックソン・ケッレーの3人がモダン・シンプリシティをコンセプトにスタート。
2005年 ストックホルムを拠点とするキュレータ、ベン・ラブレスと共に、アーティストとのコラボレーションシリーズを発表。
2006年 スウェーデン版ELLEのデザイナー大賞を受賞。
2008年 スウェーデンのファッション誌Cafeより2008年デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。