【2017年】GWオススメのおでかけ情報22選<アート編>

 今日から大型連休が始まりました。最長で9連休となるゴールデンウィークの予定は決まっていますか?今回はFASHIONSNAPがオススメする22のアート関連イベントをピックアップ。「はらぺこあおむし」作者のエリック・カール展や「ミッフィー」生みの親ディック・ブルーナ展といった大人から子どもまで楽しめる展覧会をはじめ、ロバート秋山の人気企画「クリエイターズ・ファイル」展や人気ヒーロー一色に染まった「マーベル展」といったエンターテインメント性豊かなイベントもまとめて紹介します。

【関連】"セックスTシャツ"ブランドの限定店や川久保玲特別展など...GWオススメのおでかけ情報14選<ファッション編>

はらぺこあおむしファン必見 子どもも大人も楽しめるエリック・カール展

人気絵本「はらぺこあおむし」で知られるアメリカ人の絵本作家エリック・カールの展覧会が世田谷美術館で開催中。原画や作品など約160点が公開されています。美術館は砧公園内に立地しているので、鑑賞後は公園内を散歩しながら穏やかな一日を過ごしてみては。

>> 詳細はこちら

■エリック・カール展 The Art of Eric Carle
  会期:2017年4月22日(土)~7月2日(日)
開館時間:10:00~18:00 ※入場は17:30まで
 休館日:毎週月曜日
     ※ただし、祝休日と重なった場合は開館、翌平日休館
  会場:世田谷美術館(東京都世田谷区砧公園1-2)
 観覧料:一般1,200(1,000)円、65歳以上1,000(800)円、大高生800(600)円、中小生500(300)円
     ※( )内は前売料金および20名以上の団体料金。障害者割引あり

展覧会 公式サイト

ミッフィー生みの親ディック・ブルーナの"シンプル"を紐解く

人気キャラクター「ミッフィー」の生みの親 ディック・ブルーナの作品の特徴である独自のユーモアや情感を織り込んだ「シンプル」の正体を絵本原画やデザイン原画、スケッチ、ペーパーバック、ポスターなどの展示物から紐解くデザイン展。ファッションブランド「ミントデザインズ(mintdesigns)」やキギ(KIGI)、グルーヴィジョンズ(groovisions)、アートディレクター中村至男の4組はブルーナからインスピレーションを得て制作した新作を発表。現代に受け継がれるブルーナの世界に注目です。

>> 詳細はこちら

■シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展
 会期:2017年4月19日(水)〜5月8日(月)会期中無休
 時間:10:00〜20:00(入場は閉場の30分前まで / 最終日は17時閉場)
 会場:松屋銀座8階イベントスクエア
入場料:一般800(600)円、高校生600(500)円、小中学生400(300)円、未就学児無料

展覧会 公式サイト

「死んだあとまでも愛して」草間彌生の過去最大級の個展

芸術家 草間彌生の都内では13年ぶりとなる大規模な個展が国立新美術館で開催中。新作シリーズ「わが永遠の魂」をはじめ、同一のモチーフで埋め尽くしたソフト・スカルプチュア、ハプニングの様子を収録した映像作品や、ニューヨークの個展で発表されたインスタレーション作品「無限の鏡の間」といった過去の作品も公開。新作は撮影も可能。草間本人も「私の芸術を終生、死んだあとまでも愛してください」と呼びかけるなど、"芸術魂"を感じさせる展覧会に仕上がっています。

>> 詳細はこちら

■国立新美術館開館10周年 草間彌生 わが永遠の魂
  会期:2017年2月22日(水)〜5月22日(月)
 休館日:毎週火曜日  ※5月2日(火)は開館
開館時間:10:00 - 18:00 ※金曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
  会場:国立新美術館 企画展示室1E
アクセス:東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
     都営地下鉄大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩約4分
     東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口から徒歩約5分

展覧会 公式サイト

インテリアデザイナー片山正通の圧巻のコレクションを一挙公開

「ユニクロ(UNIQLO)」のグローバル旗艦店や「ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店」や「ピエール・エルメ・パリ 青山」、リサイクルショップ「パスザバトン( PASS THE BATON)」など数々のプロジェクトを担当したインテリアデザイナー片山正通。キャリア25年の節目を記念して開催されている展覧会「片山正通的百科全書 Life is hard... Let's go shopping.」では"ショッピング好き"が高じて集めてきた500点超のコレクションが一挙公開されています。NIGO(R)やサカナクション山口一郎など業界の第一線で活躍するクリエーターからも愛される片山正通の"出会い"がぎゅっと詰まっています。

>> 詳細はこちら

■片山正通的百科全書 Life is hard... Let's go shopping.
会期:2017年4月8日(土)〜6月25日(日)
場所:東京オペラシティアートギャラリー
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2

展覧会 特設ページ

ライゾマティクスのこれまでの軌跡を辿る初の展覧会

AR/VRと音響表現を集約し、ヘッドマウントディスプレイを装着して体験する作品《border installation ver.》

Perfumeや振付師MIKIKOが率いるダンスカンパニーELEVENPLAYのほか、昨年はリオ大会閉会式のフラッグハンドオーバーセレモニーの演出も手がけたライゾマティクスが今年で創立10周年。会場ではライゾマティクスならではのテクノロジーが体感できるコンテンツが勢ぞろい。最終日は4月30日までとなっているので、見逃している方はお忘れなく。

>> 詳細はこちら

■Rhizomatiks 10
  会期:2017年4月19日(水)〜30日(日)11:00〜20:00 会期中無休
  会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
  住所:東京都港区南青山5-6-23
アクセス:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅
  入場:無料

スパイラル 公式サイト

広瀬すずや有村架純ら旬の女優35人を奥山由之が撮影

人気写真家 奥山由之が35人の女優たちや東京の風景を捉えた写真を展示する展覧会「君の住む街」が表参道ヒルズで開催中。被写体となったのは広瀬すずや有村架純、小松菜奈、中条あやみ、本田翼、成海璃子、木村文乃、夏帆、門脇麦、新木優子など今を彩る旬の女優たち。普段見られない素顔も見られるかもしれません。

>> 詳細はこちら

■奥山由之写真展「君の住む街」
会期:2017年4月27日(木)~5月7日(日)
時間:11:00~21:00
   ※4月30日(日)は~20:00、最終日5月7日(日)は~18:00
場所:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー
入場:無料

表参道ヒルズ 公式サイト

写真で見る70年代の原宿

スタイリスト中村のんがディレクションし、70年代から90年代までの原宿の風景を展示する写真展「OMOHARA写真展」。4月28日から5月31日までの期間は第1弾として70年代の写真をフィーチャーし、喫茶店レオンなど当時の懐かしい街並みを見ることができます。今の原宿の風景と重ね合わせながら鑑賞してみてください。

>> 詳細はこちら

■OMOHARA写真展 第一弾<70's 表参道原宿>
期間:2017年4月28日(金)~5月31日(水)
時間:11:00〜21:00
場所:東急プラザ表参道原宿 館内各所
料金:無料
※夏休みに第2弾として1980年代、冬休みに第3弾として1990年代の写真展示を予定

東急プラザ表参道原宿 公式サイト

"カラー写真のパイオニア"ソール・ライターの展覧会

57丁目で撮影するソール・ライター(撮影:マーギット・アーブ)

天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と称されたアメリカ出身の写真家ソール・ライター。写真展ではカラー写真をはじめ、ファッション写真、モノクロ写真、絵画作品に加えて、使用していたカメラやスケッチブックなど200点以上を公開しています。ソール・ライターによる豊かな色彩の写真が見れる貴重な機会なのでお見逃しなく。

>> 詳細はこちら

■ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
  会期:2017年4月29日(土・祝)〜6月25日(日)
 休館日:5月9日(火)、6月6日(火)
開館時間:10:00〜18:00 (毎週金・土曜日は 21:00まで)
     ※入館は各閉館の30分前まで
  会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
 入館料:一般 1,400円(1,200円)、大高生 1,000円(800円)、中小生 700円(500円)
     ※()内は前売・20名以上の団体料金

展覧会 特設サイト

ルイ・ヴィトンが注目する"光の芸術家"ダン・フレイヴィン

表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で、ダン・フレイヴィン(Dan Flavin)の個展が開催中。ミニマリスト運動の主唱者として芸術媒体に「光」を使用する手法の探究に生涯を捧げたアメリカ人アーティストで、今回の展覧会ではパリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンに所蔵されるコレクションの中から厳選した7作品が公開されています。入場無料で20時まで開場しているので、ショッピングの合間に足を運んでみては。

>> 詳細はこちら

■ダン・フレイヴィン展
  会期:2017年2月1日(水)〜9月3日(日)
  会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京
  住所:東京都渋谷区神宮前 5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル7F
開館時間:12:00〜20:00
 入場料:無料

エスパス ルイ・ヴィトン 公式サイト

ファン必見、日本初の「マーベル展」

マーベル社のヒーローたちが六本木ヒルズ森タワー52階展望台 東京シティビューをジャック。アイアンマンやスパイダーマン、ハルク、ドクター・ストレンジ、ソーといったキャラクターの衣裳や小道具、原画、映像などが並び、まさにファン垂涎の展覧会になっています。Instagramでは入り口のスパイダーマンの前で記念撮影をするのが人気の模様。また、展覧会と連動して併設のカフェでもマーベルカフェを展開中。展覧会とカフェでヒーローの世界に浸ってみてください。

>> 詳細はこちら

■マーベル展 時代が創造したヒーローの世界
  会期:2017年4月7日(金)~6月25日(日)80日間
  会場:六本木ヒルズ森タワー52階 東京シティビュー
  住所:東京都港区六本木6-10-1
営業時間:10:00~22:00(最終入場21:30)

展覧会 公式サイト

次のページは>>篠山紀信×ラブドール、ヒグチユウコ×バベルの塔、YOKO FUCHIGAMIも登場