【インタビュー】「メットガラ」の仕掛け人が語るアナ・ウィンターとの仕事、川久保玲の偉大さ

2017年04月04日 12:50 JST

 毎年5月最初の月曜日、多くのセレブリティが豪華絢爛な衣装でニューヨークのメトロポリタン美術館(以下、メット)に集結する。ファッション界最大とも称されているそのイベントの名は「メットガラ」。コスチューム・インスティチュートが企画する特別展のオープニングを祝うため、その年のテーマに合わせた装いがレッドカーペットを彩る。美術館の理事で「メットガラ」のホストを務めるのは、泣く子も黙る米VOGUE編集長のアナ・ウィンター。中でも2015年の展覧会「China: Through the Looking Glass:鏡越しの中国」では歌手のリアーナが黄色の巨大ドレスで来場し話題を集めたことも記憶に新しい。

■ファッションの祭典「メットガラ」とは?
【動画】ファッションの祭典「メットガラ」のドキュメンタリー映画が4月に日本で公開(2017年1月11日)
来年のメトロポリタン美術館特別展のテーマが「川久保玲 /コム デ ギャルソン」に決定(2016年10月22日)
ネットを一番騒がせたのは誰?ファッションの天下一武道会「メットガラ」を検索数でランキング(2015年5月8日)