【対談】マディソンブルー&シテラ「40代から始めるデザイナーのススメ」

2016年12月21日 12:00 JST

 近年、40代からブランドを始動するデザイナーが増えている。大人の女性から支持を得る「マディソン ブルー(MADISON BLUE)」は2014年にスタート。デザイナーの中山まりこはスタイリストとして活躍後に転身し、わずか2年でセレクトショップへ展開を全国に拡大。中目黒に旗艦店を構えている。「シテラ(CITERA)」デザイナー永直樹もまた、「ビズビム(visvim)」黎明期を支えた後に音楽活動を経てブランドを始動。"ギア系"と呼ばれる機能性ウェア市場だけでなく幅広いマーケットから高い注目を集めている。そんな2人は実はプライベートでも親交を温める仲。中山、永が考える40代から始めたからこそ"楽しめる"デザイナー職の醍醐味とは。

■クリエイター対談
【対談】「ループウィラー」&「シテラ」が考える究極のスウェットとは?

■ EC限定ブランド「CITERA(シテラ)」とは?
「シテラ」がアップル表参道でトークショー、ネイキッド監修一夜限りのインスタレーションも
リアル店舗でも購入はEC上で「シテラ(CITERA)」の3日間限定ストアがオープン
EC限定メンズブランド「CITERA(シテラ)」公開、"最初で最後"のリアル店舗オープンも
梶原由景&永直樹が参画、EC限定メンズブランド「CITERA(シテラ)」9月始動