パリのトレードショーに出展するなら知っておきたい10のこと

2017年03月17日 09:15 JST

 パリのトレードショーには、ファーストセッション(1月と9月)とセカンドセッション(3月と10月)が存在する。ファースト時は大型「プルミエールクラス(WHO'S NEXT/PREMIERE CLASSE)」と「トラノイプレビュー(TRANOI Preview)」(※1月は同時期だが、7月は別日程)、パリコレ開催時のセカンド時にはモード色の強い「トラノイ(TRANOI)」をはじめ「パリ・シュールモード(Paris sur Mode)」「プルミエールクラス(Premiere Classe)」「ウーマン(WOMAN)」など市内で多くのトレードショーが開かれる。今回、2017-18年秋冬パリファッションウイーク中に開かれたセカンドセッションを取材して、各出展者から「パリに出展するなら、知っておくべき事」を聞き出し、10のテーマにまとめてみた。(写真と文・アナログフィルター『Journal Cubocci』編集長・久保雅裕)

■2016-17年秋冬シーズンはテロ警戒も
【レポート】テロ後初のパリファッションウィーク ビジネスへの影響は?

■1月のパリファッションウィーク、日本企業の対応は?
非常事態宣言下のパリ、1月のファッションウィーク出張自粛企業は国内6割


■パリの展示会レポート
パリで日本ブランドのショールーム増加 それぞれの評価は?<16年春夏メンズ>
日本ブランドが続々とパリへ、ショールーム出展の成果は?<2016-17年秋冬メンズ>