【5分でわかる主要ニュース】アメアパ日本撤退、山本耀司「アートしかない」、来年の流行色は?など(12/11〜12/17)

山本耀司 Photo by: FASHIONSNAP

 12月11日〜12月17日に掲載したニュース・インサイド記事から主要トピックをピックアップ。

■「アートしかない」山本耀司が絵筆を手にした理由

・ファッションデザイナー山本耀司によるアート作品が、東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の展覧会「画と機 山本耀司・朝倉優佳」で公開されている。
・40年以上にわたりファッション界で活動を続けてきた山本は近年、パリで発表しているコレクションで様々なアーティストと協業しているが、今回も新進アーティストの朝倉優佳と共同で作品を制作。
・山本は「世界を繋げられるのはアートしかないという思いに駆られた」という。
(詳細はこちら

■アメアパ日本撤退で"最後のパーティー"

ameapa_lastparty-20161210_006-thumb-660x440-628994.jpg

・「アメリカンアパレル(American Apparel)」が、12月10日に日本撤退前の最後のパーティーを渋谷店で開催した。
・パーティーには撤退を悲しむ顧客や元従業員が多く訪れ、開始直後には店舗外まで列を作るなど賑わいを見せた。

・大阪のアメ村店のパーティーでは過去最高の売上を記録。
(詳細はこちら

■「シティショップ」2号店は食べて健康になれるグルメヌードル

CITYSHOP NOODLE-20161212_026-thumb-660x440-629090.jpg

・「パリヤ(PARIYA)」の吉井雄一がクリエーティブディレクターを務める「シティショップ(CITYSHOP)」の2号店「シティショップ・ヌードル(CITYSHOP NOODLE)」が、12月15日にオープンする。
・サラダやデリを提供している南青山の1号店では取り扱いがなかったヌードルをメインに、種類豊富なデリをセットにした食べ応えのあるプレートを提供。
・「オメガ3オイル」など健康を意識した良質な素材を使ったメニューで、都市生活者に向けて食べることを楽しみながら栄養素を補い、食生活を改善できるグルメヌードルを提案する。
(詳細はこちら

■2017年はグリーンが流行する?

patone_cikir-20161215_000-thumb-660xauto-630185.jpg

・米パントン(PANTONE)が、2017年のトレンドカラーをフレッシュで爽やかさのあるイエローグリーン「グリーナリー(Greenery)」と発表した。
・パントンは、2000年から毎年12月に「Color of the Year」を発表しており、今年で18回目。
・ファッションや美容、インテリア、社会経済など多彩な領域を綿密にチェックし、翌年のテーマカラーとして発表する「Color of the Year」は、ファッションから家具、プロダクトデザインまであらゆる業界における製品開発や購入決定に影響を及ぼしてきたと言われる。
(詳細はこちら

■2017年春、商業施設が続々開業

・ジェイアール東海髙島屋が、名古屋駅直結のJRゲートタワーに建設中の商業施設「タカシマヤ ゲートタワーモール(以下、TGM)」を2017年4月17日に開業することを発表した。
・全150ショップのうち東海地区初登場は57店舗、名古屋市内初登場は1店舗、名古屋駅エリア初登場は59店舗を予定。
・2年目以降の標準年度で売上高337億円を目指す。
(詳細はこちら

・京阪ホテルズ&リゾーツと京阪流通システムズが、京都タワービルの地下1階から地上2階の商業ゾーンを全面リニューアルし「京都タワー サンド(KYOTO TOWER SANDO)」として2017年春に開業することを発表した。
・飲食や雑貨など約55店舗が出店する。
(詳細はこちら

・「マロニエゲート銀座 2&3」に名称を変更するプランタン銀座が12月13日、銀座初出店17店舗を含む全122ショップの出店ラインナップを発表した。
・一部店舗は2017年1月2日から営業を開始するが、改装工事を経て全店そろって開業するグランドスタート日は2017年3月15日に決定。
・「マロニエゲート 2&3」は年間165億円の売上高を目指すという。
(詳細はこちら

■なぜ若者がファッション業界を目指さなくなったのか?

nazewakamonohavol7-20161128_012.jpg・近年、日本のファッション教育機関が世界でも高い評価を受ける一方で、ファッション業界を目指す服飾系専門学生の数は年々減少し、現在約1万5,000人と教育現場としてはニッチなものになってきている。
・服飾系の学校ではなくサークルやプロジェクトでファッションに関わる学生は、ファッションをどう捉え、ファッション業界に何を思うのか。
・連載企画「なぜ若者がファッション業界を目指さなくなったのか」第7回目は「READY TO FASHION」共同設立者でマネージャーの石川義朗さん(立教大学 現代心理学部 映像身体学科在学)。
(詳細はこちら

■お洒落な女性に贈りたいギフトまとめ

・男性から女性へ、友達同士、あるいは自分へのご褒美にも。今年のギフト特集では、2016年だからこそ選びたい旬の雑貨やコスメ、ホームコレクションなどを厳選。
・トレンドに敏感な女性向けに、新登場や初上陸など、あらゆる「NEW」なギフトを集めた。
(詳細はこちら

最新コンテンツは以下のページから
ニュース | インサイド | ザ・ポスト | コレクション