【5分でわかる主要ニュース】三陽商会が最大の赤字、Soup.休刊、ジョブズ愛用時計復刻など(2/12〜2/18)

岩田功代表取締役社長 経営統括本部長 Photo by: FASHIONSNAP

 2月12日〜2月18日に掲載したニュース・インサイド記事から主要トピックをピックアップ。

■三陽商会が過去最大の113億円赤字

・三陽商会が2月14日、2016年12月期の連結決算と新経営計画を発表した。売上高は676億円(前年比30.6%減)、営業損益が84億円、経常損益が81億円で、当期純損失は過去最大となる113億円の赤字に転落。
・新経営計画「Sanyo Innovation Project(SIP 2017)」の一環として、EC専門ブランドの開発を発表。EC売上高を3年間で現在の倍の水準に引き上げる。

(詳細はこちら

■ファッション誌「Soup.」休刊

・ファッション誌「スープ(Soup.)」が、3月23日に発売される5月号をもって紙媒体を休刊し、デジタル版に移行する。
・出版関連事業において安定した収入を得ることが難しく、利益を計上できなかったことを理由に休刊を決断。
(詳細はこちら

■ファッション業界の職種別平均年収

・ファッション業界の人材紹介サービスを手がけるクリーデンスが、「ファッション業界 職種別平均年収2016年版」を発表した。
・25〜29歳までの年代では「店舗管理」(394万円)が1位、次いで「OEM営業」(384万円)、「MD・バイヤー」(370万円)という結果になった。
(詳細はこちら

■安倍昭恵首相夫人が日本ブランド「まとふ」を着用し米国訪問

・安倍晋三首相の米国訪問に同行した安倍昭恵首相夫人が、訪米中に日本ブランド「まとふ(matohu)」を着用した。
・トランプ大統領夫妻との夕食会で着用したドレスの青色の意味は。
(詳細はこちら

■トランプ政権発足後のNYファッションウィークで何が起こったか

・政治政策について異論を唱えるデザイナーをはじめ、連帯や団結を促す動きなど、ファッションを通じた意思表示が盛んに行われた。
・ネパール出身のデザイナー プラバル・グルン(Prabal Gurung)のショーフィナーレには、「壁を壊せ(BREAK DOWN WALLS)」「私は移民(I AM AN IMMIGRANT)」など政治的なメッセージがプリントされたTシャツが登場。
・NY発のブランド「パブリック・スクール(Public School)」は、トランプ大統領のスローガン「MAKE AMERICA GREAT AGAIN」をもじったロゴ「MAKE AMERICA NEW YORK」のキャップを発表。
(詳細はこちら

■そごう・西武×カール・ラガーフェルド 第2弾発売

・そごう・西武が、カール・ラガーフェルド(KARL LAGERFELD)をゲストデザイナーに迎えた「LIMITED EDITION by KARL LAGERFELD」の2017年春夏コレクションを発売した。
・カール・ラガーフェルドが普段から和紙を収集していることから、日本文化と伝統的な折り紙のアートワークから着想。
(詳細はこちら

■故スティーブ・ジョブズ愛用時計を復刻

・ナノ・ユニバース(nano universe)」と「セイコー(SEIKO)」が3月10日、コラボレーション第4弾として80年代モデル「セイコー シャリオ」をリメイクした腕時計を数量限定で発売する。価格は税別2万円。
・故スティーブ・ジョブズが愛用したモデルで、同氏の遺品のオークションでは4万2,500ドル(約480万円)の高額で落札された。
(詳細はこちら

最新コンテンツは以下のページから
ニュース | インサイド | ザ・ポスト | コレクション