【5分でわかる主要ニュース】三越伊勢丹の大西社長退任へ、クロエ新デザイナー、星野リゾートが新今宮に(3/5〜3/11)

「エルメスの手しごと展」 Photo by: FASHIONSNAP

 3月5日〜3月11日に掲載したニュース・インサイド記事から主要トピックをピックアップ。

■「エルメスの手しごと」展がスタート

・「エルメスの手しごと」展が、表参道ヒルズのスペース オーで3月9日からスタート。入場無料で、会期は3月19日まで。
・会場内では、フランスから来日した11人の職人が鞍やカレ、バッグ、ネクタイ、手袋、時計などの製造過程を披露する。
・今年10月頃には名古屋と博多でも開催を予定。
(詳細はこちら

■ルミネ12店舗で営業時間短縮

・ルミネが、4月1日から12館の営業時間を短縮する。短縮時間は店舗やフロア、平日や休日によって異なるが、主に閉館時間を30分早める。
・営業時間の短縮により生まれる時間で、ショップスタッフが自己啓発に取り組むなど、スタッフのモチベーション向上等に繋げたい考えだ。
(詳細はこちら

■三越伊勢丹HD大西洋社長が退任へ

・三越伊勢丹ホールディングスの大西洋代表取締役社長(61歳)が、3月31日付で現職を退任する。
・後任には杉江俊彦取締役専務執行役員経営戦略本部長(56歳)が4月1日付で社長に昇格。
・主力の百貨店事業の不振により、2017年3月期の営業利益は前期比28%減の240億円の見通し。同社はトップ交代の理由を、経営体制の一新により更なる企業価値向上を図っていくためとしている。
(詳細はこちら

■クロエが新ディレクターを正式発表

・「クロエ(Chloé)」が、クレア・ワイト ・ケラー(Clare Waight Keller)の後任としてナターシャ・ラムゼイ・レヴィ(Natacha Ramsay-Levi)を新クリエーティブディレクターに起用。
・ラムゼイ・レヴィは、「バレンシアガ」や「ルイ・ヴィトン」でニコラ・ジェスキエールのもと経験を積んできたデザイナー。
・4月3日付で同職に就任し、レディ・トゥ・ウエアをはじめアクセサリー、レザークッズを手がける。
(詳細はこちら

■信國太志がデザイナーからテーラーに転身した理由

・「ファッションはそんなに重要だろうか?」ーそうSNSで発信したのは、デザイナーの信國太志だ。90年代後半にセントラル・セントマーチン芸術大学(Central Saint Martins)の卒業制作ショーで注目を集め、自身のブランドをスタート。しかし、現在はなぜかモードの本流から距離を置き、テーラーとして職人の道を邁進している。ファッションの本質を日々追求する信國氏が発した言葉は一体何を意味しているのか。
(インタビュー全文はこちら

■アダストリア、ハイエンドなウィメンズ2ブランド立ち上げへ

・アダストリアの新会社エレメントルールが、30〜40代をコアターゲットにハイエンドなファッションを提案するフェミニン系とモード系のウィメンズ2ブランドを来春をめどに立ち上げる。
・オリジナル6割、国内外ブランドのセレクト4割で展開する予定で、客単価は2〜4万円を想定。中長期的な目標として、8年後に売上500億円を掲げる。
・アダストリアは現在「グローバルワーク」や「ジーナシス」といったヤングカジュアルを中心に21ブランドを展開している。ハイエンドマーケットにセレクト業態で参入することについて「マーケットとしては厳しい状況でレッドオーシャンだとは思うが、アダストリアとしてはまだ手をつけていないブルーオーシャン」と捉え、新たな市場開拓に踏み切った。
(詳細はこちら

■星野リゾートが大阪に進出

・大阪市が「浪速区恵美須西3丁目16番街区用地売却に関する開発事業者募集プロポーザル」において星野リゾートの計画案を採用。
・新しいスタイルの都市観光ホテルとなる予定で、2022年の開業を目指す。
・ネット上では、新今宮という"庶民の街"に星野リゾートがホテルを開業することに対して驚きの声が多く見られる。
(詳細はこちら

最新コンテンツは以下のページから
ニュース | インサイド | ザ・ポスト | コレクション